軽キャン車中泊やキャンプに!イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー使用感

軽キャンピングカーの車内で、ちょっとした火を使いたい時「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」が快適でした。

軽量コンパクトで持ち運びやすい!カッコいい!軽キャンピングカーに限らず、色々な用途に使えておすすめですよ。

Sponsored Link

「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」は屋外専用です。キャンピングカーは条件付きで火気仕様になっています。屋内やテント内・一般車内では絶対に使用しないでください。

ガスボンベ(ガス缶)を使った調理器具は色々ありますね。カセットコンロも良いけれど、そこまで本格的な調理をするまでもない場合、何をお使いですか。

例えば、キャンプで朝食に添える味噌汁やスープ、ちょっとコーヒーを淹れたい時。そんな時「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」(上画像)がとても便利でした。

使って嬉しかったのは・・・

  • 安定フォルム
  • 風防付きゴトク
  • コンパクト
  • 計量

といったところ。以下にもう少し詳しくお話します。

まず・・・安定フォルム。ガスボンベ(ガス缶)を挿し込む時、ピタッとフィットするので、使う前から気持ちが良いです。アウトドア用のバーナーを初めてお使いの方にもおすすめですよ。

ゴトクは1枚ずつ引き出して鍋類を置けるようにセットします。

無駄が無い!しっかり安定したフォルム

このフォルムたまりません!すべてに無駄が無いシンプルデザインです。

特に、ゴトクやゴトクを支えている支柱は、コピー商品と比べるとしっかり&精密。クチコミでも同じ感想をお持ちの方がいらっしゃいました。やっぱり国産は安心です。

風防付きゴトクが嬉しい

次に嬉しいのが「風防付き」のゴトクである事。

強風の時は安全も考えて風防を併用しますが、ちょっとくらいの風ならばOK。この辺よく考えられてるなと。さすがイワタニという感じですね。

それでは以下に、軽キャンピングカー車内の様子を含めてご紹介。

コンパクト!オーバーヘッドキャビネットにも収納できる

上画像は、軽キャンピングカーインディ108のシンク上にある、オーバーヘッドキャビネット(収納棚)です。手の左側、緑色のケースが今回ご紹介する「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」。

高さ10センチほどの棚に入ってしまうコンパクトさです。

収納ケースサイズ:8.2×6.8×10.9センチ

▼オーバーヘッドキャビネット(収納棚)

黄色で囲んだ部分がオーバーヘッドキャビネット(収納棚)。シンク上、黄色矢印部分に、「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」を収納しています。

インディ108のオーバーヘッドキャビネットは、座ったままで取り出せるので使い勝手が良いんですよ。このスペース、たいして入らないでしょうと思いきや大活躍。あなどれません。テーブルだって入ってしまう。

関連記事

軽キャンピングカーインディ108のオーバーヘッドキャビネット収納使用感

軽キャン車中泊の食事はキャプテンスタッグのアルミロールテーブルがおすすめ

軽キャンでベット展開すると、大きな荷物は座面下かポップアップテント上になります。そこから取り出すのはちょっと手間。片手でサッと出して使えるって快適なのです。

そう。片手。なにしろ軽いですからね!

重量:約274グラム

計量・コンパクトだから手軽に持ち出せる

計量・コンパクトである事は、屋外でも使い勝手が良いポイントです。火をいくつか使いたい時のセカンドバーナーとして活躍しますし、登山やツーリングにも手軽に持ち出せる。

キャンプ中や出発前に、サッと出して使えます。

関連記事

セブンのインスタント「香りひきたつコーヒー」が美味しい!ドリップ後処理不要で快適キャンプ

ゴトクに置ける鍋底は何センチまで?不安定?バーナーパット併用で簡単解決

しっかり安定フォルム・計量・コンパクトなのは良いけれど・・・肝心な使い勝手はどうなの?と気になりますよね。

このゴトク、実は鍋類を置けるサイズは限られています。小さい鍋やチタンシェラカップを置いた時にはグラつくのですよ。これは同じ形状のバーナーにも言えます。

ゴトクに置ける鍋の目安:18センチまで(鍋底16センチ以下)

そこでちょっと工夫。

グラつきを解消したのが「ユニフレームのバーナーパット」併用です。

以下に使用例をご紹介します。

軽キャン車内にて!シェラカップでワカメスープを作る

ガス缶の凹凸に挿し込んでセット。

換気を考えて窓側に。火に強いアルミロールテーブル上にて。

関連記事

軽キャン車中泊の食事はキャプテンスタッグのアルミロールテーブルがおすすめ

直火OKなシングルのチタンシェラカップに水を注ぎ・・・

ゴトクの上に置くも不安定。シェラカップはグラつく事が分かった。(愛犬の頭が邪魔で、肝心な画像が収まらず・・・申し訳ございませぬ。)

そこで、ユニフレームのバーナーパット(サイズ:150×150)を置いたところ安定。簡単解決。ワンプッシュで自動着火!

美味しいワカメスープの出来上がり。簡単でした。

ユニフレームのバーナーパットと併用でさらに快適

ユニフレームのバーナーパッドとは

「ユニフレームのバーナーパット」は色々なシーンで活躍する優れもの。素材は「特殊耐熱鋼メッシュ」です。調節の難しいシングルバーナーの強い火を、柔らかな赤外線の熱に換えてくれます。鍋底に均等に火力が伝わります。

クッカーを置く際の安定板・滑り止めとしても便利。注意点としては、強火で使うと輻射熱でガス缶が熱くなる事があるので「弱火で使う」事(補足アイテムは後述)。

薄くて軽く、繰り返し使えるので、一緒に収納しておく事をおすすめします。150×150のMサイズがぴったりです。他メーカーの類似品は140×140でひとまわり小さいですよ。

関連記事

ユニフレームのバーナーパットMにシンデレラフィット!飛騨コンロ5号で炙りを楽しむ

ユニフレームのマルチロースターで酒の肴を炙ったら絶品だった

ユニフレームのバーナーパットの使い方は?輻射熱による危険性をチェック

手軽に使う!イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー

「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」のご紹介でした。私は軽キャン車内、キャンプ、カーサイドで活躍しています。

気になる点、注意点は以下4つ。

  • 屋外専用
  • ゴトクに置ける鍋サイズは限られている
  • 強火で使わない
  • 強風や寒い日は火力不安定

強火にすると輻射熱が起きて、ガスボンベ(ガス缶)が温まって危ないです。弱火で使います。いやいや・・・そんなの心配だよ。という場合は、ちゃんと輻射熱を防ぐ専用板もありますよ。

▼こんな風に使います


photo by 鉄板広場/イワタニ カセットガス ジュニアコンパクトバーナー専用 遮熱板

また、ゴトクに風防が付いているとはいえ、テントが飛んでしまうような強風の場合には別に風防を立てる事をおすすめします。

なお、ガスボンベ(ガス缶)は冷えると着火なかったり弱火になったりします。冬山や雪中キャンプの場合、OD缶を使って登山用のガスバーナーを使うなど、別の工夫が必要ですよ。

手軽なシーンに活躍するバーナー

「イワタニのカセットガスジュニアコンパクトバーナー」は、本格的な登山や極寒、荒れた天気で使うというよりも、ファミリーキャンプやカーサイド向け。手軽に使うバーナーです。

購入当時は、使うシーンが限られるのでは?と不安でしたが、個人的には思ったよりも使用回数が多いです。実際のところ、過酷な環境を選んでキャンプや登山をする頻度はどのくらいあるでしょう。頻度と状況で道具を選ぶと良いですね。

カセットコンロを使うまでもなく、ちょっとスープやコーヒーを飲みたい時に便利。

ワンタッチ着火で使いやすいです。軽量コンパクトなので、釣りやツーリングにもおすすめ。ハードケース付きなので、ゴトクの突起が他の荷物に干渉する事がありません。

1つあるととっても重宝!しっかりしたフォルムで安心して使えます。おすすめです!

関連記事

軽自動車(軽キャン)のアウトドアに!イワタニのカセットフープチスリムドゥ

軽キャンピングカーインディ108車中飯でカセットコンロを使った感想