SOTOスライドガストーチの充填方法は簡単だった!残量チェックしておこう

SOTOのスライドガストーチを購入後、初めてガス缶(カセットガスボンベ)で充填しました。これが拍子抜けするほど簡単だったのです。

慣れた方なら当たり前な充填作業なんでしょうけど、私はドキドキものなのですよ。

Sponsored Link

SOTOスライドガストーチの充填(じゅうてん)方法

今回は上画像のSOTOスライドガストーチの充填方法をご紹介。

充填するにあたり、注意する点やポイントは以下の通り。今回は手軽なガス缶(カセットガスボンベ)で行いました。メーカーによると、気温が低い時はライター用ガスが有効だそうですよ。

充填(じゅうてん)ポイント

  • 使い切ってから
  • 換気良くする
  • セーフティロック(下図参照)してから
  • 火口(下図参照)を下にして充填
  • 充填後、残量とガス漏れチェック


photo by SOTO

ものすご~く大雑把に説明すると・・・

ロックして、下向きにして、穴にガス缶を数秒押し込むだけ

一応充填の様子をご紹介しますね。

ガス缶(カセットガスボンベ)で簡単充填

①ガス残量窓から残量チェック

メーカーによると残量が残っているときは、充填できないことがあるとのことですよ。

点火ボタンを何度かカチッと押して、点火しないときはガス残量窓をチェック。以下は撮影用に斜めにしてますが、窓を上にして立てると分かりやすいです。

カラになっていたら換気良くして始めましょう

②ガス缶を用意


家庭用のカセットコンロで使っているものでOK。コンビニでも販売しているので手軽に充填できますね。OD缶(アウトドア缶)の場合は、別売りのフィルアダプターが必要です。

▼OD缶(アウトドア缶)

SOTOパワーガス(OD缶)

▼フィルアダプター

SOTO充てん用フィルアダプター

③セーフティーロックする

親指などで押し込んでロック。カチッと音がします。ロックされると、点火ボタンを押してもビクとも動きません。点火できない仕組み。

このロックは充填に限らず、使い終わったときにロックする習慣をつけておくべきですね。荷物が重なったりして、何かの拍子に押されて点火したら大変です。

④ガス注入口をチェック

底に小さな穴が開いています。ここにガスを入れていくわけです!念のために、穴に泥や汚れが無いかチェック。

⑤火口を下にして数秒間!ガス充填

我が家のガス缶。さ・・・錆びてる。いったい何年前のガス缶だろうか。怖いので新しいもので再チャレンジ。

ガス缶の先端、小さい突起をガス注入口に挿して、押し込みます。

平らな場所でこんな風にギュッと押し込むこと数秒。シュッと音がします。火口を下にしないと充填できませんよ。

あんまり長い間しているとガスが漏れて凍り付いてしまいます。ほんの数秒だけ。あっという間です。

⑥充填後、ガス漏れチェック

残量窓からガスの量をチェックして、満たされていたらOK。セーフティーロックを解除して、ちゃんと火がつくかチェック。いい感じ!

もう一度簡単にお話すると・・・

ロックして、下向きにして、穴にガス缶を数秒押し込むだけ。慣れてしまえばあっという間の充填!簡単簡単。何でもやってみるもんですね~。

高温時・気圧の低い時の注意点

最後に、メーカーの注意点をご紹介しておきます。高温時、気圧の低い場所での充填は日常的な環境と違うので気を付けなければいけませんね。

注意
・高温時や気圧の低い高地、またライター用ガスを充てんした時は、消火時に残留ガスにより炎がしばらく消火しないことがあります。その際はガス調節つまみをー(マイナス)方向に回して調節してください。必ず消火の確認をしてください。
・気圧の低い高地では着火しない場合があります。

この記事をシェアする