北海道

日本最北端でペットと車乗り入れ!稚内「宗谷ふれあい公園オートキャンプ場」

軽キャンピングカーで本州から北海道旅行。やりたかった事のひとつに「愛犬と一緒に最北端へ行くこと」がありました。 車の乗り入れが出来るキャンプ場を探したところ、地図上は「宗谷ふれあい公園オートキャンプ場」が最北端でした。 行ってみ...
北海道

津軽海峡フェリー周辺観光「ねぶたの家ワ・ラッセ」と「魚っ食いの田」ランチ

本州から軽キャンピングカーで北海道へ渡るのに「津軽海峡フェリー」を利用しました。乗り場は青森です。乗船する前に青森の観光をしたい!と「ねぶたの家ワ・ラッセ」へ。 青森ターミナル乗り場まで車で10分程(約4.5キロ)で、とても近い。施設...
北海道

津軽海峡フェリー周辺観光「六花亭」五稜郭店の喫茶コーナーで北海道スイーツ

北海道から軽キャンピングカーで本州へ渡るのに「津軽海峡フェリー」を利用しました。最後に北海道らしいお店に寄りたい!と「六花亭五稜郭店」へ。 フェリー乗り場まで車で10分程(約5キロ)です。フェリーに乗る前に、六花亭のお土産を購入したり...
スポンサーリンク
キャンプ道具

冬キャンプにおすすめ!コードレスで最長8時間温かい「蓄熱式エコ湯たんぽnuku2」

先日「蓄熱式エコ湯たんぽnuku2(ぬくぬく)」を購入しました。20分間蓄熱(充電)するだけで、最長8時間も暖かい。お湯の入れ替えは不要なのです。 ぷにゅぷにゅと柔らかくて優しい温もり。外で焚火をしながら、腰に当ててのんびりするも良し...
キャンプ道具

焚き火の火起こし素材おすすめは?チャークロスとファイヤースターターで火を作る

キャンプをするようになって、自分で火を作って育てる楽しさを知りました。それと同時に、着火剤や新聞紙は、火起こしするには扱いにくい素材だと分かったのです。 火起こしの方法は色々あるけれど、自分に合った方法で楽しむのが一番。身近な素材で簡...
キャンプ道具

火吹き棒「マックスブーストポケットふいご」で焚火!着火剤やうちわを使わない火起こし

バーベキューや焚火の火起こしをする時、うちわで扇いだり、口で吹いたりしていました。火の粉や灰が舞い上がって危ないし、着火が遅いんですよね。毎回大変でした。 そんな時、芸人のヒロシさんの「ヒロシちゃんねる」キャンプ動画で、手のひらに乗る...
軽キャンピングカーINDY108

軽キャンピングカーに1年間乗ってメンテナンスが必要になった箇所4つ

軽キャンピングカーインディ108で色々な場所で使って、少しずつメンテナンスが必要になってきました。とはいえ、全て運転に支障は無いレベルです。 軽キャンピングカー購入を検討している方の参考になったら嬉しいです。 軽キャンピングカーイン...
キャンプ道具

オピネルナイフステンレス#9はキャンプ向き!モーラナイフとサイズや特徴を比較

キャンプで麻紐を切ったり、小枝を削いだりするときにモーラナイフを使っています。でも、食材を扱うナイフは別に用意したい。そこで「オピネルナイフステンレス#9」を購入しました。 お皿や鉄板の上で食材を切る時に丁度良い。#9は手に馴染んで使...
キャンプ道具

スノーピークのドックコットは優しい座面!キャンプで愛犬の居場所を作ろう

愛犬とキャンプへ行くと、毎回悩むのが「愛犬の居場所」。特に室内犬の場合、地面に繋いだままでは、地面からの冷えや慣れない環境でのストレスがあると思います。 ここは君の場所だよと、愛犬専用の場所を作ってあげたい。飼い主が多少遠くにいても、...
キャンプ道具

Amazonベーシックのカメラバッグにマービックミニとオスモモバイル3を収納した結果

dji ドローン「マービックミニ」、スマートフォンスタビライザー(ジンバル)「オスモモバイル3」を持ち運ぶために、Amazonベーシックのカメラバック一眼レフ用Lを購入しました。 可動仕切りや構造がとても使いやすい。程よい硬さとクッシ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました