道の駅「くるら戸田」の温泉や駐車場の様子は?軽キャンピングカーで車中泊

先日、道の駅「くるら戸田(くるらへだ)」で愛犬と車中泊してきました。温泉や駐車場の配置が心地良く、比較的静かに休憩が出来ました。伊豆らしさも体感できるオススメの道の駅です。

Sponsored Link

道の駅「くるら戸田(へだ)」ってどんなところ?

道の駅「くるら戸田」は、静岡県沼津市に初めて設置された2015年4月オープンの施設。とても綺麗で、ゆったりと旅の疲れを癒すことが出来ました。

地域活性化を重点とする道の駅として選定されており、地域のお土産や特産の軽食、源泉かけ流し日帰り温泉、足湯、の他に、地域の方が利用できる高齢者交流ルーム(予約制)や加工・調理体験室と充実。

比較的新しい道の駅なので、地図やナビで探せない場合があるかもしれません。静岡県道18号修善寺戸田線の「沼津消防署戸田分遣所」を目指すと分かりやすいですよ。道路を挟んで目の前です。(アクセス後述あり)

以下に、温泉、駐車場の様子を中心にご紹介します。

戸田温泉の源泉で日帰り入浴できる「壱の湯」


photo by くるら戸田

昭和61年に湧き出た戸田温泉の源泉を使った、源泉かけ流しの日帰り入浴施設「壱の湯」があります。露天もありますよ!

道路を挟んですぐ、施設の入り口付近にあります。以下はドアからの様子。のれんが掛かっている左側が温泉です。

受付は10時から21時

・受付・利用時間 10:00~21:00
・入浴料:大人:500円 小人:250円
・回数券(15枚綴り) 大人:5000円 小人:2500円
・タオル:200円 バスタオル:500円
(2018年10月現在)

休憩室が嬉しい!温泉の個人的感想

全体的にこじんまりとして居心地が良いです。駐車場の車台数としては50台弱なので、車を停めて温泉を利用される方の人数を思うと、ほど良い大きさかと。洗い場で待つことはありませんでした。

一番嬉しかったのは、入浴者のみが使える休憩室があること。汗をかいたまま退場すせずに済みます。これ、夏場は特に有難いと思いました。

ロッカーは大きく、トイレもゆったりとしていて使いやすく感じました。匂いのしない無色透明なお湯なので、どなたでも抵抗なく入浴できると思います。

施設外構に「足湯」もありますよ。こちらも天然温泉!無料です。

道の駅「くるら戸田」駐車場の様子は?

我が家は9月連休に利用。夜は7割程度埋まっており、そのうちキャンピングカーは半分強といった感じ。実際のところ、バンコンは8ナンバーかどうかチェックしないと分からないんですが第一印象として。

大型3台、普通42台、身障者用2台、二輪用約20台駐車可能です。

配置が嬉しい!道路があっても比較的静かな車中泊

我が家は9月連休に利用。夜は8割程度埋まっており、キャンピングカーは6割ほど。上画像は施設側から撮影。施設オープン前、早朝の様子です。

ご覧の通り、自分の車の後ろに他の車が駐車出来ないスペースが多いです。この配置、個人的に好き。上画像右側のように車のバック通しを合わせて停めると、お互いに気を使うことがありませんか。我が家は犬がいるので特にそう思うのかもしれませんが。

犬がいなくとも、ワゴンのようにリアハッチを大きく開閉する場合も、自分の車の背面がフリーだと嬉しいですよね。

関連記事

道の駅「小淵沢」で愛犬と軽キャンピングカー車中泊!駐車場が快適だった

道の駅のマナー違反って?駐車場にテーブルを出しての調理や車中泊は暗黙の了解なのか

我が家は端っこに駐車できました。

一番手前の白い軽キャンピングカーです。

本当はバックで停めたいところだけれど、ダイネット側に出入りするドアが左側なので向きを変えて駐車。この位置だと、前後と横にプライバシーを守れて嬉しい

ここに停めて、車内から撮影するとこんな感じ。

網戸越しに植物の植え込みが見えるでしょう?

ここに黒猫が来て、愛犬がずっと警戒しておりました。

可愛いなぁ~。私達に興味しんしん。こんなちょっとした出会いも旅の楽しさですね。

周囲の車もかなり静かでした。皆様とってもマナーが良かったですよ。

我が家も静かに手抜き宴。

ああ・・・早く紙皿を卒業したい。

関連記事

キャンプ料理の盛り付けは紙皿?やっぱり好きな食器で風情を楽しみたい

簡単にコルクが抜ける!ル・クルーゼのワインオープナーは初心者にもオススメ

営業時間とアクセス

所在地:静岡県沼津市戸田1294-3
TEL:0558-94-5151
営業時間:年中無休
・壱の湯利用時間:10:00~21:00・展示コーナー利用時間:9:00~21:00
  • 公共交通機関
    三島駅より伊豆箱根鉄道修善寺駅まで乗車(約35分)
    修善寺駅より東海バス戸田行「くるら戸田」下車(約45分)
  • 自家用車
    東名沼津IC又は新東名長泉沼津ICより国道414号経由、口野交差点を右折、県道沼津土肥線沿い又は西浦古宇経由 約45キロメートル、約90分

伊豆らしさ体感や休憩が心地良い道の駅「くるら戸田」


photo by 富津市観光情報

道の駅「くるら戸田」のご紹介でした。

全体的に落ち着いた雰囲気です。9月の連休に寄ったところ、夜はそれほど音が気になりませんでした。これは、タイミングやシーズンによるかもしれませんが参考までに。

個人的に大満足だったのは、こじんまりとした温泉と駐車場の配置です。

休憩付きの温泉は心地良く、旅の疲れを癒すことが出来ました。なお、足湯は無料で楽しめますが、利用時間帯があるようです。夜は施設の方がお掃除されていました。

地元ならではの食材を使った軽食、伊豆半島ジオパークの説明や、戸田の文化や歴史の展示コーナーもあり充実しています。修善寺など伊豆の観光スポットへお越しの際にも、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

また訪れたい!と思う、おすすめの道の駅です。

関連記事

充電スタンドやドックランが一目瞭然!全国版道の駅完全ガイドで快適な旅

神奈川の道の駅「清川」で軽キャン車中泊!駐車場環境や食材調達は?

道の駅「ふじおやま」レストランの富士天そばとツバメ親子

この記事をシェアする