軽キャンピングカーのベンチレーター自作!ボックス扇風機とスポンジで車内換気

先日、我が家の軽キャンピングカー用に台所用の換気扇を使ってベンチレーター(換気装置)を自作しました。換気としては成功だけれど、色々と改良が必要でした。

そこで今度はもっと簡単に。ボックスタイプの扇風機とスポンジを使って自作。前回よりも簡単に作ることが出来て、使い勝手良くなりました。

Sponsored Link

もっと手軽にキャンピングカー内の空気を入れ替えたい

上画像は我が家の軽キャンピングカー、インディ108のシンク周辺です。丸い窓の前にカセットコンロを置いて、車中飯を作っています。

まずは台所用換気扇とプラダンで試作

▲前回、シンク近くの四角い窓に、自作でベンチレーター(換気装置)を付け、サブバッテリーで試運転しました。

作り方は簡単。

20センチ羽根換気扇の羽部分とモーターだけを抜き取り、プラダンに付けたもの。

プラダンへの取り付けは、100均ワイヤーネットとインシュロック(タイラップ)を利用。

これを窓に立て掛けているだけなので、転倒防止に突っ張り棒で補強しています。

台所用換気扇だけあって車内の空気はあっという間に一掃!

換気されると、車内の空気ってこんなに違うのかと、しみじみ感動したんですよね。なんて頼もしいヤツ。この夏、大活躍しました。

詳細は 台所用換気扇でベンチレーター自作!軽キャンピングカーのサブバッテリーで試運転へどうぞ。

換気は大成功!でも改良が必要だった

換気は良いけれど・・・

  • 羽根や配線がむき出しで危険
  • 寸法ミスで角から虫が侵入
  • 収納に困る
  • 突っ張り棒が地味に邪魔

という問題発生。羽根が向きだして飛び出ているのが一番厄介。シンクで何かしようとすると、動いている羽根に腕が当たって切り傷作ったり。

どう改良しようかな?と思っていた時、ボックス扇風機を車中泊でお使いの方を発見。DCモーター搭載なのです。これだ!と思い立ち、新たに作り直す事にしました。

ボックス扇風機とスポンジでフラットなベンチレーター(換気装置)へ

そこで、今回は上画像のように自作。

窓がフラットになったことで怪我や収納の問題点クリア。

ただ・・・しっかり固定していないので停車時限定です。走行中は扇風機が外に落ちたりして危ないので使えません。そこはご注意ください。

ひょっとしたら普通車の窓にもいけるんじゃないかな?と思いますが、どうでしょう。車中泊や車中飯をするときに、ぎゅっとハメれば良いだけですから。

以下に、材料や工程をご紹介します。

ボックス扇風機とスポンジで作るベンチレータ(換気装置)

【材料】

  • トップランドのボックス扇風機18センチ羽根
  • ワコーのスポンジブロック

この他に、カッター、カッター台、定規を使っています。

トップランドのボックス扇風機18センチ羽根

このボックス扇風機に決めた理由は以下4点。

  • DCモーター搭載
  • スマホ充電可能
  • 前面が外せる
  • 窓枠に入る大きさ

窓にはまる大きさのボックス扇風機ならば、これに限らずとも出来るかと思います。あとは音や風量など、スペック次第ですね。

Amazonカスタマレビューで高評価

Amazonカスタマレヴューで★4(最高★5)という高評価。DCモーター搭載、形状がフラットで収納しやすい事から、車内でお使いの方が多いようです。

ワコーのスポンジブロック

スポンジブロックは、スポンジが板状に大きくなっているもの。好きな大きさに切れるので、余ったら自宅のお掃除にも便利。

ワコーのスポンジブロックは柔らかくて扱いやすいですよ。

スポンジブロックは他のメーカーからも出ています。もう少し硬いタイプがいいな!という場合は、ホームセンター覗いてみてくださいね。

ベンチレーター(換気装置)の作り方と設置

作り方といっても、窓枠サイズのスポンジをくり抜いただけなんですけども。

ちょっとコツとして、スポンジは収縮するので大きめにカット。大きめに切ることでキッチリと作ることが出来ます。窓に設置するときも隙間が無くなるので虫の侵入も防げます。

扇風機を入れる部分をくり抜きます。実寸よりも少し小さめに。

扇風機をぎゅっと入れて完了。

上下逆でしたね・・・

窓に挟み込んで設置完了

あとはもう窓に入れ込むだけ。

スポンジの長さが足りなかったので足しています。

黄色・・・というのがちょっと残念ですが。見た目より機能重視!

取り外して裏から見るとこんな感じ。

ちなみに・・・インディの四角い窓は以下のようになっているので、この状態で雨が降っても大丈夫です。こういうちょっとした仕様が良い感じ。インディ大好き!

▼雨が降っても車内に入りにくい窓

軽キャンピングカーにもベンチレーター(換気装置)を

今回は、ボックス扇風機を使ったベンチレーター(換気装置)自作の記事でした。フラットにはなったけれど、風量としては台所用換気扇の方が強かったです。

そこでちょっと使い分け。

▼普段の車中泊&車中飯は今回ご紹介した「ボックス扇風機+スポンジ」

▼夏場は「台所用換気扇+プラダン」

と、季節や環境によって選ぼうかと思っています。また何か思いついたらトライですね。

関連記事

台所用換気扇でベンチレーター自作!軽キャンピングカーのサブバッテリーで試運転

私は自作しましたが、最近は軽キャンピングカーでも最初からベンチレーター(換気装置)をオプションで架装出来るものもあります。(2018年新型バロッコなど)

そして、キャンピングカーショーで車の仕様をチェックしてみると、最近は車中泊目的の方が多くなってきたなという印象。あと数年したら、リチウムイオン電池搭載のベンチレーター付きが当たり前になると良いなと思います。

関連記事

電気自動車のリチウムイオンバッテリーが凄い!大容量電池を搭載移動する時代へ

充電不要でブレーキ踏まず!電気自動車日産NOTEe-POWER試乗で分かった快適点

この記事をシェアする