モンベルの封筒型寝袋「ダウンファミリーバッグ#1」で車中泊とテント泊

キャンプ道具
この記事は約5分で読めます。

車中泊やキャンプで使う寝袋(シェラフ)を検討していました。バックパックに入るコンパクトサイズではなく、ある程度大きくても良いので寒くないタイプ。

封筒型は開くと布団やブランケットになるので、愛犬と一緒に寝るにも好都合だったため、モンベルの「ダウンファミリーバック#1」を購入。車中泊とテント泊をしてみました。

スポンサーリンク

マイナス3℃から対応!モンベルの「ダウンファミリーバック#1」

モンベルの「ダウンファミリーバッグ#1」は、私が求めているスペックにぴったりでした。

暖かく、ロフト回復性に優れたダウンをたっぷりと封入した封筒型スリーピングバッグです。キャンプや車中泊など幅広い用途でご使用いただけます。冬季に対応する最も保温性に優れたモデルです。引用:モンベル/ダウンファミリーバッグ #1

スペック

Photo by :モンベル/ダウンファミリーバッグ #1

  • 素材:表地:75デニール・ポリエステル・タフタ
  • 中綿:440フィルパワーダウン(ダウン50%、フェザー50%)
  • 重量:1.71kg(1.80kg) ※( )内は総重量
  • サイズ:最大長190×最大幅75cm
  • 適応身長:身長183cmまで
  • 収納サイズ:33×20×20cm(13.2L)
  • 快適睡眠温度域:-3℃~

#の数字は他にあるの?

モンベルのファミリーバックは#1の他に#3があります。

#3は快適睡眠温度域が3℃~。#3は薄手です。モンベル取説では「夏の高地や冬の低山に対応」となっています。春先キャンプに丁度良いですね。

冬用ならば、迷わず#1(今回紹介のタイプ)をおすすめします。

布団みたいに繋げて使える

「ファミリー」と名前がついている通り、繋げて使う事が出来ます。テント泊をして、川の字で寝る時に良いですね。

使用例:


Photo by :モンベル/ダウンファミリーバッグ #1

気になるところ

気になるところは以下3つ。

  • 収納状態が大きい
  • 首や肩が冷えやすい(後述あり)
  • 柄や色が選べない

収納してもコンパクトにならないので、ツーリングや登山向きではありませんね。車に積んでいくのが一般的かと思います。

首元で絞るタイプではないので、首や肩が冷えやすいです。ふんわりしたブランケットを添えるか、ネックウォーマーを使うなどの工夫をすると、より一層快眠出来ます。

それから・・・柄と色の種類、もうちょっとあれば良いなと思いました。ダウンファミリーバック#1はこの朱色に模様のあるタイプだけ。#3も1種類だけです。

 

では、使用感を見ていきましょう。

しっかり!ふんわり!お布団みたいな素材感

上画像は軽キャンピングカーのポップアップルーフです。愛犬と一緒に使うときは、こんな風に布団として使っています。

使ってみた印象としてはまず「おぉ~!!!軽い!あったかい!」と。自分の家でも使いたいくらい心地良いんですよね。購入して本当に良かった。

ふんわりと身体を包んでくれます。

サイズ感は?

身長157の私にはちょうど良いサイズでした。ジッパーを閉じても余裕です。

スペックでは適応身長は身長183cmまでとなっていますが、首まですっぽり入る事を思うと180cm位の方はちょっと窮屈かもしれません。

丁寧な縫い目とノンストレスなジッパー

温かさの次に感動したのは、ジッパーの構造

とにかく丁寧なのです。ほつれも無く、縫い目が曲がっている部分も無い。そして、ジッパーを閉じて重なる部分が広く取ってあるのです。

 

だから冷気も入りにくいのですね。

ファスナーを開閉するときの滑らかさも、さすがモンベルだな!と。

スルスルと開閉できてノンストレスでした。

大雑把に畳んでも収納できる

上画像左側は収納袋。御覧の通り、間口が広くなっていて入れやすい。畳み方はL字ジッパーを全て閉じて畳み、くるくる巻いて収納すればOK。

このとき、なるべく膝で押さえながら巻くとすんなり入ります。(膝じゃなくても良いんですよ。私の一例です)多少大雑把でも、収納袋に入ってしまえば、あとは上の紐で絞るだけ。

簡単です。

レビュー:テント泊や車中泊をして思うこと

外気温度が一桁の車中泊は?

夢心地・・・とはいえ、軽キャンピングカーのポップアップルーフテントはほぼテント泊に近い環境です。薄着では少々心細い日もありました。

首元を絞るタイプではないので、封筒型にしても首から冷気が入ってきます。私は首元にフリースブランケット(ひざ掛け)を追加。サイドジッパーを閉じれば足元はポカポカです。

衣服は防寒対策をしておいた方が無難です。手首や足首を暖かくして包まれて欲しい。

外気温度が一桁のテント泊は?

ジッパーを閉じて1人で使ったとしても、やはり首元や肩を冷やさないようなガードは必要ですね。下からの冷気を防ぐマットも必須です。

着ている衣類にもよるけれど、氷点下にならないレベルならば十分快眠できます。普段重めの布団で寝ている方は、大判ブランケット等を上にかけるのも良い方法だと思います。

寝袋よりも布団が好きな方におすすめ!冬キャンプや車中泊にモンベルの「ダウンファミリーバック#1」

モンベルの「ダウンファミリーバック#1」をご紹介しました。

快適睡眠温度域はマイナス3℃から。縫い目はしっかり、ジッパーの開閉はノンストレスで丁寧。安心して使える寝袋(シェラフ)です。

同じタイプを繋げて使えるので、ファミリーにも向いています。

 

気になるところは以下3つ。

  • 収納状態が大きい
  • 首元は冷える(後述あり)
  • 柄や色が選べない

肩や首を冷やさない工夫をすると、より快適に使えます。肌触りは優しくて、自宅でも使いたくなる寝袋(シェラフ)ですよ。

同じダウンファミリーバックシリーズとしては他に#3が出ています。#3の快適睡眠温度域は3℃から。#1とは6℃も差あがるので、冬用ならば#1が良いですよ。

 

しっかり!ふんわり!優しいシェラフ(寝袋)モンベルの「ダウンファミリーバック#1」。まるで自宅の布団みたいに使える。冬のキャンプや車中泊におすすめです。

関連記事

USB充電式で繰り返し使えるモンベルのリチャージャブルパワーヘッドランプ
ヘッドランプ(ヘッドライト)は、目線の先がいつでも明るい・両手が使える・突然に天気が変わった時も、サッと動けるので便利ですよね。 そこで色々検討した結果、モンベルの「リチャージャブルパワーヘッドランプ」を購入。優しい雰囲気のデザインで...
モンベルの折りたたみ傘トレッキングアンブレラはキャンプや車中泊におすすめ
キャンプや車中泊の時、突然の雨に備えておきたくて、軽量コンパクトな折りたたみ傘を探していました。 そこで、モンベルのトレッキングアンブレラの存在を思い出してショップへ。迷彩柄に惹かれ、同シリーズ「カワモッチアンブレラ」を購入しました。...
軽キャン車中泊に!春夏はCAPTAINSTAGプレーリー封筒型シュラフ600が大活躍
シェラフに何をどこまで求めるかで、使い方の充実感が変わってきますよね。秋冬、春夏と使い分けをしたいところです。 春夏の車中泊はシェラフ不要かなと思っていたのですが、やっぱり備えはしておきたい。特に避暑地へ出かけると夜は冷えます。 ...
キャンプ道具
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

車中泊で活躍中

車中泊で活躍中

Amazon情報

Amazonランキング

Amazonアウトドア用品ランキング

Amazonアウトドア用品の各ランキングを以下リンクからチェックできます。ランキングは1時間ごとに更新。リアルタイムでお気に入りを見つけよう!

新着 ランキング

売れ筋 ランキング

人気ギフト ランキング

ほしい物 ランキング

おすすめキャンプ場検索

TAKIBIキャンプ場予約
TAKIBI

2019年5月にオープンした日本全国のキャンプ場やコテージなど、アウトドア施設に特化したオンライン予約サイト。

検索手段が豊富なため、ターゲットを絞ったプランの検索や予約ができます。

利用日検索の他、フリーサイト・区画サイト・車横付け可などのスタイル検索が便利。日本地図エリアから調べることも出来ます。
旬のコラムや特集も充実したサイトです。

スポンサーリンク
こもれびスタイル
タイトルとURLをコピーしました