キャンプにおすすめ!FLYFLYGOアウトドアテーブルは楽に手が届く高さで快適

カーサイドやキャンプなど外で食事をするとき、どんなテーブルをお使いですか?私はローテーブルを使っていましたが、食事をしたりコーヒーを飲んだりするには低すぎる悩みがありました。

やっぱり食事する時は、ある程度高さが欲しい。探したところ、ようやく使い勝手が良いアウトドアテーブルに出会いました。これが「高さ」だけではなく優秀だったのです!

Sponsored Link

軽量コンパクトな耐熱アルミ製!連結できるFLYFLYGOアウトドアテーブル

今回は上画像のFLYFLYGOアウトドアテーブル」のご紹介。天板6枚の「L」と3枚の「S」があります。私は「L」を購入しました。

まず、私が欲しかったテーブルの最低条件は・・・

  • ほど良い高さ
  • 軽量コンパクト収納
  • 耐熱天板

です。FLYFLYGOアウトドアテーブル」これが叶うテーブルでした。他にも自由に連結出来たり、ランタンフック付き、メッシュ小物置き付きだったりと色々な特徴があるんですよ。

では以下に・・・高さ、軽量コンパクト収納、天板やポールの使い方、設営や連結の様子などをご紹介します。

ほど良い高さ!サイドテーブルの心地良さで食事できる

まず、一番欲しかった「高さ」について。上画像はFIELDOORアウトドアチェアの横で使っている様子。ワインを置いている部分がテーブルの天板部分です。これこれ、この高さ!

手を伸ばして飲み物を置ける。低すぎず高すぎず、丁度良い感じちょっとした食事も出来ます

床から天板までの高さは約35センチあります。一般的にソファに合わせるローテーブルの高さは35~40センチなので、数値的に見てもほど良い高さといえます。

↓私が欲しかった高さイメージ

なぜ高さにこだわるかというと・・・アウトドアチェアで寛いでいる時、ローテーブルだと低すぎると感じていたから。

グラスやアルミ缶を置くと、うっかり蹴飛ばしてしまいそうになります(ひょっとして私だけ?)。ローテーブルは調理器具や荷物を置いたり、車内で使ったりと応用範囲が広くて最高なんですけどね!

だからといって、大人数で使う足の高い大きなテーブルまでは求めていない。アウトドアチェアに座ったまま調理するには高すぎますからね。

小川のカーサイドタープ、アウトドアチェアと馴染む高さ。

関連記事

小川キャンパルのカーサイドタープAL使用感!吸盤の使い方を工夫して快適に

座り心地や素材は?FIELDOORポータブルコンパクトアウトドアチェア使用感

軽量コンパクト収納

このテーブルの耐荷重は20キロ。天板は耐熱150℃と防水加工が施されています。それでいて、収納ケースを含めて約1.7キロと軽量。

このスペックで重量2キロ切るならば、十分に軽量と言えるのではないでしょうか。天板はアルミ製で、耐熱の他に擦り傷が付きにくいというメリットもあります。

ただ・・・ちょっと残念なのは収納ケースが大きいこと。

なんで大きくしちゃったかな~というのが本音。器用な方は自作した方が良いかもしれない。あるいは、他の縦長アウトドア道具を一緒に収納しておくのも良いですね。

ここが唯一残念なところです。

天板の耐熱温度は150℃

先程ちょっと触れましたが・・・天板はアルミ製なので、こんな風に火を使う調理器具も気軽に使えます。

天板の表面は少し凹凸があるデザインで、1枚ずつ並べても「コンパクト収納のためにバラバラになってます!」的な不自然さがありません。さりげないけど、これも気に入っているポイント。

ランタンフックや収納メッシュが便利

↑付属品全てを使った全体像はこんな感じ。

天板より上に出ているサイドのポール類、白いフックは取り外し可能です。何も吊るす必要が無ければ、取り付けなくてもOK。状況に合わせて使えます。

↑天板に収納メッシュだけを付けるとこんなイメージになります。(こちらはSサイズ)

このポールの使い方としては・・・ちょっとした道具を干したり、ランタンを吊るしたり。けっこう便利。左右の向きを変えて使う事が出来ます。先日は、夜露に濡れたカーサイドタープを拭きあげたタオルを干しました。

サッと洗ったシェラカップを干したり。

ランタンを吊るしたり。

これは虫除けランタン。車内外でオールシーズン活躍しています。この場所は簡易的なランタン用として。あまり重いとポールが「しなる」ので、軽いものを吊るした方が良さそうです。

関連記事

夏の車中泊におすすめ!enkeeo電撃殺虫器ランタンの虫除け効果を実感

車旅の必需品!パーフェクトポーションアウトドアボディスプレーの虫除け効果

設置簡単!連結可能!自由度が高い使い方が出来る

ちなみに、脚は伸縮性に優れたショックコードで結ばれているので、ワンセットで持ち運びや収納ができて紛失の心配がありません

設置は脚が出来たら、天板を並べて置くだけです。迷わず簡単。

実はこのテーブル・・・


photo by 清水商店Yahoo!店

↑こんな風に連結して、棚のように高さを出して使うことも出来るんですよ。もちろん横に連ねて、細長くしてもOKです。

まずは1つ使ってみて、もう少し高さが欲しいとか、長さが欲しいなと思ったらもう1つ追加して連結できます。柔軟性があると色んなシーンで使えますね。

キャンプの調理やカーサイドに!FLYFLYGOアウトドアテーブル

「FLYFLYGOアウトドアテーブル」のご紹介でした。天板6枚の「L」と3枚の「S」がありますよ。それぞれを連結させて使うことも出来ます。

私が一番うれしかったのは、アウトドアチェアに座ったまま手を伸ばしてコーヒーやワインを飲める事。程よい高さで心地良いですよ!

触れなかった特徴も含めて、ざっと以下にまとめます。

FLYFLYGOアウトドアテーブルの特徴

  • 天板はアルミ製。耐熱(150℃)と防水、擦り傷が付きにくい表面加工あり。
  • 脚の底面には滑り止めゴムあり。
  • 小物整理に役立つメッシュあり。使う事で安定感が増す構造。
  • 組み立て簡単。
  • 軽量。(L):重量1.7キロ
  • コンパクト収納
  • 負荷重量(L):約20キロ
  • サイズ(L):長さ80センチ・幅35.5センチ・高さ35センチ。
  • ツーリングやソロキャンプのサイドテーブルとしておすすめ。
  • ポール、フック、ネット、ランタンハンガーなどの小道具が便利。
  • 脚はショックコードで結ばれており紛失の心配がない
  • テーブルを複数使って連結可能
  • 脚には余分のフックあり。
  • 収納ケースは大きい

Lサイズはソロキャンプ、夫婦2人に丁度良い大きさだと思います。

小川のカーサイドタープにも丁度良い感じ。このテーブルを真ん中に置いて食事をすると快適なんですよ。

文字では伝わらないので・・・最後に、手抜き朝食を上から撮影。

シェラカップをこうやって2つ、余裕で置けるって快適。ゴチャっとしてますが、天板の大きさや雰囲気伝わったら嬉しいです。(あぁ・・・お洒落な朝食に憧れる。)

1つのテーブルで色んな事が出来ます

上画像では地面が芝生ですが、雨あがりで濡れた地面でも問題なく使える。

サッと設営して「食卓」「調理台」「サイドテーブル(コーヒーやお酒を飲んだり、読書したり)」と色々な使い方が出来る。

連結できるので、キャンプ人数に合わせて対応も可能。のんびりと過ごしたい方におすすめですよ!

関連記事

軽キャン車中泊の食事はキャプテンスタッグのアルミロールテーブルがおすすめ

座り心地や素材は?FIELDOORポータブルコンパクトアウトドアチェア使用感

道の駅のマナー違反って?駐車場にテーブルを出しての調理や車中泊は暗黙の了解なのか

この記事をシェアする