軽量コンパクト!Lenzai 風防板付き固形燃料ポケットストーブで手軽にキャンプ

先日「Lenzai」様から、Lenzai 風除板付き固形燃料ポケットストーブの商品提供を頂きました。

軽量コンパクトなキャンプ道具です。収納スペースに限りがある軽キャンピングカーにとって、とても嬉しいスペック。今回はその使用感などをご紹介します。

Sponsored Link

Lenzai 風除(風防)板付き 固形燃料ポケットストーブ

固形燃料を使うポケットストーブのメーカーといえば「エスビット」が有名ですね。

有名メーカーで購入するのも良いけれど、キャンプや災害の備えとして使うのであれば「風防(風除け)」は必須。風防を別に用意する必要があります。

今回ご紹介する、Lanzaiさんのポケットストーブは風除板付き。

風除けとポケットストーブがセットになって、収納袋に入っています。袋のまま、サッと持ち出せる点、とても良いな!と思います。

収納重量は300グラムと軽量です

では、さっそく開封してみましょう。

配慮が嬉しい!収納袋と保護フィルム

コードロック付きで中身が飛び出ない

まず、おおぉ!?良い!と思ったのは、袋の開け閉めにコードロックが付いていること。

正直言うと、袋の素材はペラペラしていてちょっと残念。でも気にしない。それよりも、コードロック付きである事が嬉しい!

コンパクトなアウトドアグッズの場合、ただ紐で絞るだけという場合が多々あります。その場合、他の荷物と干渉したときや、絞りが甘いと中身が出てしまう事があるのです。

開封前から心躍ります。

ポケットストーブは保護フィルム付き

収納袋から取り出してみると、ポケットストーブに傷防止の保護フィルムが付いていました。細かい点ですが、こういう配慮は嬉しい。傷は自分の使いこみだけで十分ですからね。

では以下に

  • 固形燃料ポケットストーブ
  • 風除け板

を見ていきます。

ゴトクと一体型!固形燃料ポケットストーブ

軽い!エスビットのポケットストーブと同じ大きさ、形状、素材です。

表面に絵が付いてるので迷わず簡単。両サイドを持って広げるだけです。斜め、コの字型の2タイプで使えます。

広げるとゴトクになるように、中央の切れ込みはギザギザ。干渉せず隙間が見えますね。

広げるのに少々硬めです。その分、カチッと固定。グラつきませんよ。

ポケットストーブの底は、固形燃料が動かないように溝があり、風が入るようにスリットが入っています。穴があることで燃焼率がアップ。このあたりもエスビットと同じですね!

構造、留め金、しっかりしています。


Lenzai 風除板付き 固形燃料ポケットストーブ

ユニフレームのバーナーパット併用で更に使いやすく

ちょっと気になるのは鍋底サイズ。

直火OKなチタンシェラカップを乗せてみると・・・

ゴトクを斜めに立ち上げれば乗るけれど、正直不安感ありますね。

そこでユニフレームのバーナーパットを併用。

これで安定。鍋サイズを気にせず使えます。

バーナーパットは直火をじんわりと広げて熱を伝えてくれるので、鍋底に当たる火にムラが出来にくいというメリットもあります。炙り料理も可能。ひとつあると便利ですよ。

(ユニフレームのバーナーパットは今回ご紹介する商品には添付されていません)

関連記事

ユニフレームのバーナーパットMにシンデレラフィット!飛騨コンロ5号で炙りを楽しむ

ユニフレームのバーナーパットの使い方は?輻射熱による危険性をチェック

キャンプの必需品!軽くて錆びにくい風除板10枚

次は風除板10枚について。

薄い!軽い!そして脚付きが嬉しい。屋外で火を使う時に欠かせないのが風防です。火を起こせても、風で消えてしまったら料理出来ませんからね。

災害用としても備えておくべき1枚だと思います。

素材は「アルミニウム合金」。軽量、耐摩耗性・耐久性に優れています。

軽キャン車内では汚れ防止として

軽キャンピングカーの中で、愛用しているイワタニのプチスリムドゥと一緒に使ってみました。サイズ感ほど良いです。

連結部分は簡単に曲がるので、狭いテーブルでも好きな形に展開可能。車内では、風除けというよりも汚れ防止ですね。

風除けは、屋外で威力を発揮します。

板の端に引っ掛け金具

板の端っこに、引っ掛け金具があります。

重ねると筒状に出来る。強風の場合はこんな使い方もアリですね!

災害にも備えておきたい!Lenzai 風除板付き 固形燃料ポケットストーブ

今回は、Lenzaiさんに商品提供して頂いた「Lenzai 風除板付き固形燃料ポケットストーブ」のレビューと紹介でした。

最後に簡単にまとめます。

風除板とポケットストーブは一緒に収納したい

屋外で火を使う時には、風除け必須。同じ形状のポケットストーブは他のメーカーにもありますが、風防は別に用意する必要があります。

今回のポケットストーブは風除け板がセットになって収納されているので、持ち出しやすい点が良いですよ。

袋の開閉がコードロック(一度絞ると中身が出ない)になっているのもお気に入り。

収納時の重さは300グラムと軽量です。

気になる点をあげるとすれば・・・

  • 収納袋の素材が薄い
  • ポケットストーブの開閉が少々硬め
  • ゴトクは鍋底サイズを選ぶ

の3つ。

このうち、ゴトクはバーナーパット併用(個人的なオススメ)で安心感が高まります。

バーナーパット併用で更に使いやすく

ゴトク部分の立ち上げは、斜め・垂直の2種類出来るので、鍋底の大小に対応出来る仕様になっています。

ただ、実際に使ってみると、乗せるモノや足場の状態によっては不安定に感じました。

そこで私はユニフレームのバーナーパットを併用。鍋サイズを選ばないとなると、更に機能的になるのでは?と思います。

今回ご紹介したポケットストーブは、固形燃料の他に小枝や炭でも利用可能。

軽量・コンパクトで持ち出しやすい!

防災グッズに1つ追加しておくと安心なアウトドアグッズです。


Lenzai 風除板付き 固形燃料ポケットストーブ