珈琲を手軽に持ち運ぶ!スタンレー真空マグ0.23Lは車内やアウトドアにおすすめ

猫舌だけど珈琲が大好き。でも、車の移動ではフタが無いと飲みにくい。こぼれやすいんですよね。水筒ほどかしこまらず、飲みたい時に飲みたいものを飲み切りで!その時の気分で自由に飲みたいと思うのです。

Sponsored Link

こんなの欲しかった!スタンレー真空断熱構造の0.23Lマグ

今回は上画像の「スタンレー真空0.23Lマグ」のご紹介。これはもう紹介せずにいられない。特に猫舌さんに使って欲しいのです。このマグのお陰で、温かい飲み物を好きな時に頂けるようになりました。

キャンパーに定評あり!シンプルで無骨なスタンレー

引用:stanley

「スタンレー」といえばアウトドアで有名。私はキャンプに興味を持つまで知らないメーカーでした。100年以上愛されている水筒として、山を愛する方やキャンパーに定評があります。

無骨なのにスタイリッシュなデザインと重厚感が良い感じ。中でもハンマートーン・パウダーコーティング(※)のモスグリーン色が人気です。真夏でも氷が数日溶けないタイプもあるんですよ。

引用:stanley

(※)ハンマートーン・パウダーコーティング


引用:サンテラボ

そんなスタンレーシリーズなので、このマグ、さぞや保温・保冷性が高いのでは!?と思っていたのですが、メーカーによると保温は3時間60度以上、保冷は4時間10度以下のキープとなっています。

そこで実際にどんな飲み心地なのか温度測定してみました。すぐに温度測定結果を御覧になりたい方は、屋外と室内の保温性を測定してみました へどうぞ。ページジャンプします。

  • 毎日使っています。とても気に入りました。茶葉をおさえる蓋は外して使っているのでコンパクト。家でコーヒーを入れて、それを職場に持っていく。途中で飲むことができる。全部飲まなくても蓋ができる。漏れはまったくありません。コンビニのコーヒーは買わなくなりました。
  • オフィス用にぴったり。必要にして十分な保温力。入れてから一時間は熱すぎて飲めません(当方猫舌のため)二時間程度経つと飲み頃となります。

引用:Amazonレビュー

60度以上を3時間、10度以下を4時間楽しむ

メーカーによる60度という温度、どう思いますか。熱々を飲みたい方には物足りない温度かもしれません。私は、お味噌汁やホットミルクを飲むようなホッとする温度かと思うのです。それが3時間続くのですから、十分ではないかと。

このマグは温度よりも「手軽さ」重視。上蓋の持ち手をカナビラを付けて掛けたり、カバンから出し入れするときにも掴みやすい。

いつでもどこでも使える手軽さがノンストレスなのです。

水筒とちょっと違う!シンプルで使いやすいマグカップ

小さな水筒で良いのでは?と思うでしょうか。実際のところ、車中泊時やアウトドアでは、案外水筒って使いにくいんですよ。人数が多い時や、デイキャンプならば有効かもしれませんが。

というのも・・・例えば、片手でポンとあけてゴクゴク飲むタイプは、飲み頃になるまで待たねばなりません。猫舌な私の場合、最初の一口で火傷しないかとヒヤヒヤします。

▼このようなタイプ


フタをコップ変わりにするタイプは、移動中の車内で使うには向いていません。揺れてこぼれてしまいそうです。

飲みやすい構造だとしても、水筒は車中泊して翌日に使うとなると、洗いにくい事もあります。炊事場があるとは限りませんからね。その点、今回のマグならばウェットティッシュでサッと中も拭いてしまえば良いので簡単だなぁと個人的に思います。

では、使った様子や温度測定をご紹介します。

スタンレー真空マグ0.23Lは水筒とマグカップの良いとこどり

このスタンレーマグは2017年に登場しました。

Amazonでは★4(Max5)、ヤフーショッピングのスタンレー部門では1位という人気商品になっています(2018年12月現在)。ショップによっては品薄状態です。

人気の秘密は先ほど触れた「手軽さ」。水筒のようにきちんと密封してくれる安心感を持ちつつ、ある程度保温・保冷をしながら、マグカップと同じ使い方が出来るのです。

コンビニのドリップ珈琲Sサイズをこぼさず飲む

容量はコンビニでドリップ珈琲Sの量がちょうど入る大きさ。出先でちょっと飲むのに丁度良いんですよ。蓋の構造が絶妙なので、こぼさずゆっくりと飲めます。(詳細は後述あり)

口コミでも、コンビニのドリップ珈琲Sを入れて利用する方がいらっしゃいました。

カラーはブラックとシルバーの2色


引用:サンテラボ

カラーはシルバーとブラックの2色。私は上蓋の紺色に惚れてシルバーを選びました。このシリーズに、トレードカラーのグリーン色があったら迷わず選ぶのに!そこがちょっと残念。

ブラックの上蓋はブラックです。店頭で手にしてみましたが、けっこう印象違いますよ。個人的には紺色の蓋の方が優しい雰囲気に感じました。これは好みです。

2つの蓋が便利!猫舌さんにも嬉しい構造

私が特に注目したのは2種類の蓋の構造。

このマグは上画像のように3つのパーツで出来ています。蓋は持ち手が付いた上蓋、内蓋の2種類があり、それぞれ単独で本体にセットして使えます。


引用:サンテラボ

熱い飲み物が直接届かない内蓋

内蓋には小さな穴が開いていて、飲み口の穴から口に届くまで35mmあります。内部が深いので、揺れる車内でも安心して飲むことができます。

使用後ティーパックの仮置き場としても便利。


引用:サンテラボ

具剤が入ったスープに便利な上蓋

小さな穴で少しずつ飲む必要が無い場合もありますよね。ワカメスープやちょっと粒が入ったスープなど。そんな場合は内蓋を外して使うことが出来ます。

内蓋を外しても、しっかり密封できるので安心。広い飲み口から、ゴブゴブ飲みたい!という場合にもおすすめです。

約65mm口径の広い飲み口!氷やドリップ珈琲をセットできる

この広い飲み口は、自宅で珈琲をドリップして持ち出すにも好都合なのです。暑い日は氷もゴロン!と。円筒形の水筒だと、飲み口が狭いので入れにくいですからね。とっても重宝しています。

底辺の直径は日本車のドリンクホルダーに合うように設計されているので、車通勤の方にも好評です(サイズ:φ66 x W79x H150 mm)。

屋外と室内の保温性を測定してみました


▲本体シルバーの上蓋はネイビー色

気になるのが温度ですよね。猫舌といえども、ある程度の保温性が欲しいところ。実際のところ、保温性はどうなのか測定してみました。

珈琲をめいっぱいドリップ。上画像のように内蓋、上蓋ともにセットした状態で、屋外と室内で30分放置。紙コップや蓋のない陶器マグカップならば、とっくに冷えている頃です。

外気温度7.5℃の30分後は72度


▲外気温度7.5℃

屋外では72.3度という結果になりました。

ここは冬の冷たい風が当たる場所。測定しようと、計測器を挿し込んでいる隙間に冷気が入って、どんどん温度が下がってしまいました。参考程度にどうぞ。

72.3度ってどんな熱さかな・・・と、そっと口をつけてみました。小さな穴からダイレクトに頂けるけれど、ゴクゴクとは飲めない。ほど良い温度という感じ。

この感覚は個人差があります。お茶や珈琲の飲み頃温度は80度前後と言われているので(インターワイヤード調査による)、熱い飲み物が好きな方が、寒い日にアウトドアで使うには少々物足りないかもしれません。

室内では少々違う結果になりました。

室内18.5℃の30分後は83度をキープ


▲室内温度18.5℃

室内では83.0度という結果になりました。

屋外と10度近くの差です。メーカーによると、あらかじめ本体を温めと、より一層保温効果を得られるとの事。測定前に温かい飲み物を入れて室内に置いていたので、違いが開いたのかもしれません。

測定環境によりますが、30分後でも、70度~80度の飲み物を頂けると分かりました。

こんな使い方に注意しよう

シンプルに使えば何の問題も無いけれど、使い方を間違うと危険です。以下にメーカーの注意点を補足しておきます。

注意する点

  • 使い始めは洗ってから
  • 長期保管はしない
  • 電子レンジ、オーブンは使わない
  • 火のそばに置かない
  • ドライアイス、発酵品、炭酸飲料は入れない
  • 飲み物を入れすぎると、フタを閉めたときに中身が溢れ出る可能性がある
  • 蓋は確実に閉めて使う
  • 蓋に熱湯を掛けたり、煮沸しない
  • 小さなお子様の手の届かないところに保管

まとめ:飲みきりサイズを手軽に持ち歩く!おすすめ真空マグ

スタンレー真空マグ0.23Lをご紹介しました。

温かい飲み物を飲む時、350ml以上を一気に飲み干す事って少ないように思います。朝の一杯、ちょっとホッとしたいときは、少しずつゆっくり飲むシーンが多いですよね。

このマグはそんな時におすすめ。水筒の保温・保冷性や密封性、口の広いマグカップの手軽さを持っています。アウトドアや車の移動時、ちょっとしたお出掛けに便利だと思います。

オフィスで毎朝、職場で珈琲を飲む方にもおすすめです。

メーカーによる保温・保冷スペック

スタンレー真空マグ0.23Lの保温・保冷スペック

  • 保温:3時間60度以上
  • 保冷:4時間10度以下

内蓋、外蓋、本体のシンプル構造

本体の口が広いので、直接氷を入れたり手を入れて洗ったり。そのまま珈琲ドリップも可能。

内蓋は飲み口まで35㎜あるので、熱い飲み物でもゆっくりと頂ける。

外蓋は取っ手付きなので簡単に開閉可能。カバンに入れてもすぐに取り出せます。外蓋だけでもセットして使えるので、固形物が入ったスープにも便利。

猫舌さんにもおすすめしたい

私はこんなマグがあったらいいな!と思っていたので、見つけたときには嬉しかったです。どこでも手軽に、温かい飲み物を頂けるって嬉しい事なのです。

特に猫舌さんならば分かってくださると思うけれど・・・。

ドリップ珈琲のプラスチック蓋って飲みにくい。小さな穴から飲もうものなら、熱さに飛び上がってこぼす時も多々あり。車で移動するときには、自販機のプルトップ缶飲料は、揺れた時にこぼれやすいので持ち込めないのです。

このマグを使うようになってから、そんな煩わしさから解放されました。

Amazon高評価!街中でも人気のマグ

引用:サンテラボ

スタンレー真空マグ0.23Lは2017年に登場。Amazonでは★4の高評価で、Amazonchoiceに選ばれている人気商品です

最近は街中でも見かけるようになり、ついスタンレーのコーナーをチェックしてしまうのですが、在庫切れのお店もありました。見つけたらぜひ手に取ってみてください。見た目ほど重くありません。

パッキンも外せてお手入れ簡単。飲みたい時に、飲みたいものを頂ける!手軽に持ち歩ける真空マグカップ。おすすめです。

関連記事

車内の湯沸かしはトラベルケトルスマートで楽々解決!国内海外両用の大容量ポット

スノーピークのチタンマグカップが欲しい!ダブルとシングルの違いやフタは?

カップラーメンの残り汁の排水処理は?高吸水性ポリマーで固めて燃えるゴミ化

キャンプや車中泊におすすめ!セブンのインスタント「香りひきたつコーヒー」