チャークロスの作り方は簡単だった!ピコグリルで焚火しながら炭布着火剤を自作

ファイヤースターター(火打ち石)で着火する時に便利なのが麻紐と「チャークロス(炭布の着火剤)」。

そこで今回「チャークロス(炭布の着火剤)」を自作しました。実はベランダで作ったんですよ。数十分で完成!とても簡単でした。

Sponsored Link

チャークロス(炭布の着火剤)で小さな炎を育てる喜び

着火方法は色々ありますよね。どんな方法で着火していますか?

私はトーチバーナー(フィールドチャッカー)で割り箸に着火する方法が多いです。ところが先日、トーチバーナーを忘れてしまい、火起こしが大変でした。

トーチバーナー(フィールドチャッカー)は、風が強い日や少し湿り気がある時でもジェットの炎で一気に着火出来るので、時間効率が良いんですよね。

でも・・・穏やかな状況で時間があるときには、やっぱり火打ち石で着火し、小さい炎を育てたくなります

そんな時に必要なのが、チャークロス(炭布の着火剤)。

チャークロス(炭布の着火剤)とは

綿の布を炭化させたもの。小さな炎でも着火しやすく、のんびりと燃える特徴があります。ファイヤースターター(火打ち石)で、ほどいた麻紐と一緒に着火します。この時、火吹き棒で空気を送り込むと着火成功率が上がります(後述あり)

簡単!チャークロス(炭布の着火剤)の作り方

作り方を簡単に説明すると・・・密封させたスチール缶に1つだけ穴をあけ、綿布を入れて火あぶりすればOK

今回使った綿の布は、男性用の着古した半袖肌着1枚分です。以下に画像を載せますので、お作りになる量の参考にしてください。必ずしも私と同じ量を作る必要はありません。スチール缶はチョコレートが入っていた空き缶です。

では、以下に材料と作り方をご紹介。

チャークロス(炭布の着火剤)の材料

  • 空き缶(スチール缶)
  • 空き缶(スチール缶)に穴を開ける道具
  • 綿100%の布
  • 焚火グッズ(※)

※焚火台・薪数本・着火可能な道具

スチール缶とよく似たものにアルミ缶があります。アルミ缶でも作れない事はないですが、経験上スチール缶の方が簡単だなぁという印象。

アルミ缶はスチール缶に比べると、柔らかくて軽く熱伝導率が良いので、高熱に当てている時間が長いと溶けやすいです(以下に溶けた画像あり)。

チャークロス(炭布の着火剤)作り方

スチール缶を焚火台にセットしてから完成まで、15分前後でした。

 スチール缶に入るサイズに肌着を細長くカット

▼こんな風に並べて入れました。空気が上に抜けるので、こんな形が良いかな?と。これは自己流です。

 スチール缶の上に小さな穴を開ける

 スチール缶を焚火台にセット

お気に入りの焚火台、ピコグリルです。薪を置き、こんな風に底を浮かせます。スチール缶が歪んで密封されなくなってきたので、小石を置いてしっかり蓋

 スチール缶の穴から白い煙が出なくなったら完成

火あぶりすると、こんな風に白い煙が出ます。蓋がしっかり閉まっている事を確認しつつ様子を見ましょう。白い煙が出なくなったら完成。

蓋をあけると、真っ黒な布が出来ています。

丸まっている布の中まで真っ黒になっていたら成功。

片手で持ったまま、指でひっぱるとこんな風に簡単に裂けますよ。細かいススが少し手に付く感じ。乾燥してカサカサしています。

ポイントは「密封」と「火あぶり」

チャークロス作りのポイントは2つ。

  • スチール缶を「密封」させて小さな空気穴を作る
  • 火の中に入れず「火あぶり」する

実はですね・・・以前チャークロス(炭布の着火剤)作ろうと思って、空き缶を火の中に入れた事があるのです。そしたら、溶けて丸くなったという経験あり。これはアルミ缶です。

今回はスチール缶で「火あぶり」をすることで成功しました。

スチール缶の底を浮かすために、薪を数本ハシゴのようにして使うと良いですよ。もしくは串のようなものを代用しても良いですね。

炎が安定!1本あると便利な火吹き棒

余談ですが・・・火吹き棒についてふれておきます。

火起こしをするのに、あると役立つのが「火吹き棒」。これはチャークロスを使って着火するときに必須!と言っても過言ではないくらい大事です。炎を安定させてくれるアウトドアグッズですよ。

▲画面左上:火吹き棒。私は収縮タイプです。

火打ち石を使って着火せずとも、この火吹き棒は色々な時に活躍します。上画像のように、なかなか着火しない薪にも使えて便利。

最初の着火が勢いよくても、薪を重ねていくと火が弱くなったり、消えそうになったりしますよね?。薪が湿っている事もよくあります。

そんなとき、口でフーフー吹くと燃えかすや火の粉が散らばるのですが、火吹き棒で火の根元に空気を送ってあげると散らばり方はグッと減ります。吹いたところから、じんわり炎が広がります。

吹いた時、美しいオレンジ色の炎がジジジ・・・と広がる様子を眺めるのも味わい深いものがありますよ。収縮タイプはコンパクトで軽いので、携帯にも良いです。

自分で炎を作って育てる喜びを味わう

今回は、チャークロス(炭布の着火剤)の作り方をご紹介しました。

ときには自分で火を作って育てたいですよね。そんな時に使うのが、チャークロス(炭布の着火剤)とほどいた麻紐です。

小さな炎がチャークロスに付いたら、先ほどご紹介した「火吹き棒」でフーフーすると、オレンジ色の炎がじんわりと広がっていきます。

作り方のポイントは「密封」と「火あぶり」ですよ!焚火をされる方ならば、焚火のついでに着古した綿100%のTシャツや、蓋が出来る小さなお菓子のスチール缶などがあれば出来ちゃいます。

スチール缶にあけた小さな穴から、白い煙が上がったらまずは成功。その後様子をみて、白い煙が出なくなったら完成です。

チャークロス(炭布の着火剤)キットも販売していますが、お金をかけずとも簡単に出来ます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連記事

簡単に薪を運ぶ!帆布ワックスキャンバスのログキャリーは無骨で快適なバックだった

ピコグリル398は最強だった!大きな薪も安定感抜群で使えるコンパクト焚火台

キャンプで使う薪の種類と入手方法は?広葉樹と針葉樹の特徴と使い分け