火吹き棒「マックスブーストポケットふいご」で焚火!着火剤やうちわを使わない火起こし

キャンプ道具
この記事は約5分で読めます。

バーベキューや焚火の火起こしをする時、うちわで扇いだり、口で吹いたりしていました。火の粉や灰が舞い上がって危ないし、着火が遅いんですよね。毎回大変でした。

そんな時、芸人のヒロシさんの「ヒロシちゃんねる」キャンプ動画で、手のひらに乗る小さなふいごを見たのです。これは良い!と真似して購入しました。

スポンサーリンク

収縮式のステンレス火吹き棒「マックスブーストポケットふいご」

焚き火、炭火の火起こしを簡単に行えるコンパクトな火吹き棒です。
ヒロシさんの火吹き棒メーカーは不明です。良く似た、ステンレス製の収縮タイプを購入しました。

Amazonで高評価

Amazonでは350人以上の口コミが寄せられ、星5つ中の4.6と高評価

Amazon’s Choice (すぐに発送ができて、評価が高く、求めやすい価格の商品)として販売されています。

Maxboost(マックスブースト)ポケットふいご

口コミ

火おこし器など必要ないです。うちわで扇ぐよりも灰が飛び散らないし、ピンポイントで空気を送れます。

品物の精度も問題ありません。少し抵抗が生じるくらいの感じではありますが、引っ掛かりなく引き伸ばせて畳み込める。
途中に無駄に空気が漏れている感じもありません。

スペック

  • Maxboost製品は永久保証(無期限保証)
  • 収納時サイズ:9.5cm
  • 使用時サイズ:48.5cm 直径1.2cm
  • 材質:本体/ステンレス鋼(高品質SUS304採用)、ケース/ポリエチレン

特徴

おおまかな特徴は以下の通り。

  • シンプルデザイン
  • ピンポイントで空気を送れる
  • 好きな角度に空気を送れる
  • 空気量をコントロールできる
  • 火の粉が飛び散りにくい
  • 手のひらに収まるコンパクトさ
  • 錆びにくい

火吹き棒は、他のメーカーからも沢山出ています。分厚いカバーが付いていたり、ペンタイプ、ファイヤースターターやホイッスルと一緒になったセットもあります。

自撮り棒で自作する方法もあるけれど、個人的にはコンパクトさを優先したい。

 

火吹き棒の素材は、シンプルにステンレスオンリーなタイプがおすすめです。他の道具と一緒に収納しても邪魔になりませんし、錆びにくいです。

レビュー


▲ピコグリル398と一緒に

先端をひっぱって長い棒状にします。上画像は最大に伸ばした状態。火から離れて空気を送れるのでとても使いやすい。

火の根っこにそっと息をふきかけると、小さな火がジジジ・・・と大きくなっていく。周囲に余計な灰は飛び散りません。

吹きかける角度、空気を送り込む量を加減できるので、自分で作った火を育てられるのです。薪と薪の間の小さな隙間にも空気を送れるので、もうすぐ消えそう!と思う場所の種火も大きくできる。

 

夜は特に使いやすいです。

例えば、こんな角度の火も調整できる。

 

そっと吹けばジジジ・・・。大きく吹き込めばゴゴゴ・・・パチパチと火が立ち上がる。音も楽しみながら火を大きくできます。

これが実に楽しい!今までの常識は何だったのか!と。

畳むとこんなにコンパクト。

気になる点としては、吸う時は火の傍で使わない事。細かい灰を吸い込んでしまうと危険です。小さなお子さんが使う時には必ず一緒にすべきですね。

 

カッコいい。薪の上に置いただけなのにサマになっちゃう。

焚火に欠かせない道具です。

息を吸う時には火から離れた場所で。吹きかける位置や量で火の大きさが変わります。薪を追加したとき、火種が消えそうなときにも威力を発揮。

火吹き棒は火種を育てる道具

ここで、火種について補足しておきます。

どんなに素晴らしい火吹き棒でも、火種が無いと火起こし出来ませんからね。湿っている炭や薪に直接バーナーを当て、火吹き棒で空気を送ってもなかなか着火しないのです(経験済み)。

それは火吹き棒の良し悪しではなく、火種と燃やす素材の問題です。

火種は何を使う?

着火剤や新聞紙は一見良さそうだけれど、おすすめしません。着火剤は、突然一気に燃え上がる事があったり、粗悪品を見極める時間と費用がかかります。新聞紙は、最初の火付きが良いけれど持続しない。灰が舞い上がって他の人に迷惑になってしまいます。

手っ取り早いのは、乾燥させた割り箸。

以下のように重ねておき、バーナーで割り箸に火を付けて火種とする。

乾燥した小枝、ほどいた麻紐も有効です。

時間がある時は、チャークロスからじっくり火を育てるのも良いですよ。

関連記事

チャークロスの作り方は簡単だった!ピコグリルで焚火しながら炭布着火剤を自作
ファイヤースターター(火打ち石)で着火する時に便利なのが麻紐と「チャークロス(炭布の着火剤)」。 そこで今回「チャークロス(炭布の着火剤)」を自作しました。実はベランダで作ったんですよ。数十分で完成!とても簡単でした。 チャークロス...

火おこしを楽に!携帯できる火吹き棒「マックスブーストポケットふいご」

携帯できる火吹き棒「マックスブーストのポケットふいご」の紹介でした。

火を育てる喜びを、目や耳で楽しむ事ができます。この火吹き棒のおかげで、着火剤、新聞紙、うちわを全く使わなくなりました。

ちょっと注意する点は空気を吸い込む時。火吹き棒から口を離し、火から顔をそらして使いましょう。灰を吸わないように。

 

おおまかな特徴は以下の通り。

  • シンプルデザイン
  • ピンポイントで空気を送れる
  • 好きな角度に空気を送れる
  • 空気量をコントロールできる
  • 火の粉が飛び散りにくい
  • 手のひらに収まるコンパクトさ
  • 錆びにくい

火吹き棒は、火おこしを助ける道具。火の大きさや強さを加減できるので、焚火がより早く、楽しくなりました。

吹きかけると、オレンジ色の炎がジジジ・・・とじんわり広がる様子が分かる。陽が落ちて、のんびりと火吹き棒で火を育てる時間、なかなか良いですよ。ロマン感じるひと時。

ポケットに入る、収縮可能なステンレスタイプがおすすめです。

関連記事

焚き火の火起こし素材おすすめは?チャークロスとファイヤースターターで火を作る
キャンプをするようになって、自分で火を作って育てる楽しさを知りました。それと同時に、着火剤や新聞紙は、火起こしするには扱いにくい素材だと分かったのです。 火起こしの方法は色々あるけれど、自分に合った方法で楽しむのが一番。身近な素材で簡...
ヒロシちゃんねるキャンプ道具6つの使用感と動画に惹かれる理由
芸人のヒロシさんといえば「ヒロシちゃんねる」キャンプ動画が人気です。 今回は、ヒロシさんが愛用している道具6つを使ってみたので、その感想とヒロシさんの魅力についてご紹介します。 ヒロシちゃんねる動画の魅力は「自然体と無骨さ」 「ヒ...
キャンプで使う薪の種類と入手方法は?広葉樹と針葉樹の特徴と使い分け
先日、我が家の朽ちたウッドデッキを燃やしてベランダバーベキューしました。レッドシダーという木材だったのですが、これがすごく燃えやすい。 着火用としては良いけれど、燃え尽きるまでの速さから冬場に暖をとれるか?・・・と、やや不安を感じたのです...
キャンプ道具
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

車中泊で活躍中

車中泊で活躍中

Amazon情報

Amazonランキング

Amazonアウトドア用品ランキング

Amazonアウトドア用品の各ランキングを以下リンクからチェックできます。ランキングは1時間ごとに更新。リアルタイムでお気に入りを見つけよう!

新着 ランキング

売れ筋 ランキング

人気ギフト ランキング

ほしい物 ランキング

おすすめキャンプ場検索

TAKIBIキャンプ場予約
TAKIBI

2019年5月にオープンした日本全国のキャンプ場やコテージなど、アウトドア施設に特化したオンライン予約サイト。

検索手段が豊富なため、ターゲットを絞ったプランの検索や予約ができます。

利用日検索の他、フリーサイト・区画サイト・車横付け可などのスタイル検索が便利。日本地図エリアから調べることも出来ます。
旬のコラムや特集も充実したサイトです。

スポンサーリンク
こもれびスタイル
タイトルとURLをコピーしました