スノーピークのチタンスキットルは男のロマンを叶えるキャンプ道具

軽キャンピングカー購入で車中泊するようになり、車内でお酒を飲む機会が増えました。そこで、夫へスノーピークのチタンスキットルをプレゼント。

スノーピークはどの商品もデザイン性が高く、細部まで丁寧な作りになっていて定評があります。美しく上品なので贈り物にぴったり。手に持った時のフィット感も良かったですよ。

Sponsored Link

贈って良かった!スノーピークのチタン製スキットル

スキットルは癒しとロマンのキャンプ道具

スキットルを持っている時ってどんなシーンでしょうか。

冷えた身体を温める他に・・・片手に持って星空を眺めたり、未来を語ったり。焚火を見ながら風の音を聴いたり。ハンモックに揺られながら口に含ませたり。考えただけでカッコいい。

私が夫へのプレゼントにスキットルを選んだ理由はそんな風に「癒しの道具」になると思ったからです。お酒を飲まなくとも携帯しているだけで良い。男のロマンを叶える優秀アイテムだと思いませんか。

スキットルは色々なメーカーから出ていますが、スノーピークのチタンスキットルは、旅好きでお酒をたしなむ方の贈り物におすすめ。ブランドネームだけじゃない人気の理由がちゃんとあるのです。

スキットルと一緒に、収納袋(シンセティックレザー)とロート(ジョウゴ)が付属されています。機能的で使いやすいんですよ。さすがスノーピーク!(使用感は後述あり)。

チタンだから軽い!金属臭がしない!

選んだ一番の理由は素材。「チタン製」であることです。

やっぱり中に入っているお酒の味や香りをそのまま味わいたいじゃないですか。チタン素材は金属臭がしないという特徴を持っているので、どんなお酒を入れても楽しめます。

日本製!飲み口は美しく丁寧な作り

見てくださいこの美しさ!惚れ惚れします。

実際口につけてみたところ、ネジの凹凸が気になりませんでした。日本製らしく丁寧な仕上がりで鋭利な感触が無い。なのに、しっかりとフタが出来て漏れることはありません。フタは完全に外れるようになっています。

フタを取って飲むことが心配かもしれませんが、普段ペットボトルから直接口をつけて飲んでいる方ならば何の問題もありませんよ。ペットボトルだって、フタを取って飲みますし、飲み口の凹凸はこのスキットルよりも深いのですから。

他にマイナス点をあげるとしたら・・・

チタンは手の皮脂が付きやすいこと。でも、その辺はちゃんと考えられていて、付属の収納袋(シンセティックレザーケース)で汚れをふきとりやすくなっています。

汚れをふき取る収納袋(シンセティックレザーケース)付き

シンセティックレザーとは、人工的に作った皮のように見える布のこと。

上の画像で、紐を絞る部分がグレーで起毛のような素材になっていますよね。目の細かいボアのようなスエードのような。この素材は内側にもついています。

つまり、手に触れる部分はサラサラ素材、スキットルが触れる部分は細かい起毛素材になっているのです。

スキットルを収納するとこんな感じ。

収納して上から覗くと、スキットルが細かい起毛に包まれているのが分かります。いやぁ・・・嬉しい心遣い!汚れを拭きとるだけでなく、保護の役割もあるようですね。

ただ、保護といっても、巾着袋のようにすっぽりと包むことが出来ません。素材がしっかりしているので、紐を絞ってギャザーを寄せても、すぐに上画像の状態に戻ってしまうのです。

とはいえ・・・この収納袋に入れたまま飲む場合、ギャザーをこじ開けて使うのは手間ですよね。やっぱりこの状態で良いのではないか?と思います。

収納袋はスキットルを保護するもの、汚れを拭くものとして使い、普段はスキットルをポケットに入れてカッコよく使いたいですね。

ヒップポケットやジャケットの内ポケットに入れやすい長方形


photo by アウトドアーズ・コンパス

スキットル本体は緩やかな曲線があるので、ズボン後ろのポケットに入れてもフィットします。

丸型も見かけますが、お酒を入れるときやちょっと置きたいときを考えると、長方形が使いやすいと思います。

そこで気になるのがサイズです。

LとM、持つならどっちが良い?

スノーピークのチタンスキットルはLとMの2種類あります(2018年7月現在)。個人的には断然「L」がおすすめですよ。

  • M:容量140ml・重量65g
  • L:容量170ml・重量78g

MとLの容量は大さじ2杯くらいの差ですね。ストレートで飲む場合を考えると、30mlの違いは大きいと思います。わざわざお酒を携帯するという事は、お酒好きなはず。量が多い方が良いに越したことはありません。

私は最初、持ち運びが楽なように小さい方を・・・と考えましたが、連泊したり真冬に身体を温めたい時があるかもしれません。

お酒の残量を気にしながら飲むよりも、少し余裕があるくらいが嬉しいと思うのです。

いやいや・・・そこまで求めてない、緊急用に備えておきたい、ちょっとあれば満足という場合もあるかもしれませんね。そんな場合はMサイズでも良いと思います。

付属の小型のプラスチック製ロートが使いやすかった

スノーピークのチタンスキットルには、専用袋の他にお酒を入れる専用のロート(ジョウゴ)も付属されています。

上画像のように、本体と一緒に片手で押さえることが出来る大きさで安定感あります。このロートは、球状のものを半分にカットしたような形状になっています。鋭角な角度ではないので一緒に押さえやすいんですよ。

素材がプラスチックで小さいので、ぱっと見た印象では正直「大丈夫?」と思いました。ところが、とても使いやすいです。紛失しないよう、置き場所の指定席を作っておくと良いですね。

違う形状が良い場合は、スキットル用ジョウゴが別メーカーから出ていますよ。

スキットルと過ごすこだわりの時間を贈り物に

スノーピークのチタン製スキットルをご紹介しました。

使用感をまとめると・・・

  • チタン製なので軽くて金属臭がしない
  • 曲線のある長方形フォルムで扱いやすい
  • 個人的にはLサイズがおすすめ
  • 付属の収納袋は手とスキットルに優しく、汚れを拭きとれる
  • 付属の収納袋は紐で絞った状態をキープしにくい
  • 付属の専用のロート(ジョウゴ)は使いやすい
  • (飲み口のフタを無くさないように注意)

といった感じです。

スキットルは、身体を温めたりリラックス効果を得るための道具です。癒しの時間をお手伝いできるなんて素敵。大切な方への贈り物におすすめですよ。

関連記事

スノーピークのチタンマグカップが欲しい!ダブルとシングルの違いやフタは?

スノーピークまな板セット使い心地と手入れは?ケースは100均で代用

この記事をシェアする