軽キャンピングカーインディ108は断熱材入り!外壁パネル効果とポップアップ使用感

軽キャンピングカーインディ108の外壁素材は、断熱効果のある「アルミボディパネル」を採用しています。さらにポップアップルーフベッドが車内への熱を抑えていると実感。

ここでは暑い季節の体感を書いておこうと思います。

Sponsored Link

断熱材入り!軽量化したアルミボディパネル採用

朝からお日様が出ていて、am10:00ころには27℃に。そのままお日様が出ていて汗ばむような午後、締め切っていた車内に入ってみました。

「おや?思ったより暑くない」と感じたのです。おぉ!と。

これは数値で示さないと伝わらないので、温度計を購入したらここに追記しようかと思っていますが・・・。

ほんの少しだけ窓をあけ、遮光ブラインドを閉めたりすれば、更に温度をおさえられるかと思います。アクリル二重窓の断熱効果も大きいのでは?と感じます。窓については以下の記事へどうぞ。

関連記事

軽キャンピングカーインディ108の風通しは?走行中とアクリル二重窓使用感

思ったよりも車内温度が上がっていないと感じた理由のひとつに、インディ108の外壁パネルもあるのではないか?と思うのです。

一般乗用車はスチールやアルミニウムなどでボディ素材を作っていくと思うのですが、インディはここに断熱材が入っています。

外壁パネルで断熱効果を実感

インディ108のボディは、ヨーロッパのキャンピングカーの多くが取り入れている「アルミボディパネル」を採用。体感として、その効果は確実にある!と言えます。

ボディで使われているアルミニウムは100%リサイクル可能でエコ素材、バキュームプレス工法により断熱性を損なわず、仕上がりの美しいパネルが出来たとのこと。

軽量化も成功し、ブレーキなどの安全面も高まると言われていますが、どのくらい軽量化になったのかまでは分かりません。素人の私には比べようがないので。

・・・というアルミパネルで、断熱効果の高さは実際に体感できたのですが、デメリットも出てきます。

車内温度が冷めにくい

いったん入ったアツい空気が冷めにくい。こもりやすい。・・・という事は、寒い季節に威力を発揮するのではないか?と期待が高まります。我が家はFFヒーターを付けませんでした。

暑い季節の場合は、換気したり一瞬クーラーをかけたりして、車内温度を冷やせば解決します。お部屋と同じ感覚で使えば良いので、夏場でも問題ありませんけどね。

関連記事

軽キャンピングカーの暖房にFFヒータは必要?金額と使い方を検討した結果

夏場の直射日光を抑えるポップアップルーフベッド

もう1つ、夏場の直射日光の影響をもろに受けないと感じる理由があります。それは、ポップアップルーフベッドの厚み

インディ108にはボディ屋根部分に「ポップアップルーフベッド」標準装備。そのため、屋根部分は上画像のように厚みがあります。

▲ポップアップルーフベッドを広げた様子

個人的には、この厚みのお陰で上からの熱がかなり抑えられていると感じます。

それじゃぁポップアップルーフベッドを広げたとき、上からの熱をもろに浴びてしんどいのでは?と思いきや案外快適。これは、風の通り道が確保できていることも大きい理由と思います。

ポップアップルーフベッド空間は、個室のように密封されるわけではないのです。サイドにメッシュ窓があり、ダイネット側(後部座席)からの風を取り込めます。

ダイネット側(後部座席)からの風を取り入れられる

ポップアップルーフベッドの床はダイネット側(後部座席)の天井部分。ポップアップルーフベッドを広げると、車内は以下のように広い空間が出来ます。


▲ダイネットの上にポップアップルーフベッド

開閉可能な窓類は全てメッシュ(網戸)に出来るので、虫を気にせず風を感じられるよう設計されています。

つまり、ダイネット側から入ってきた風が上へあがり、ポップアップルーフベッド側へ取り入られれる構造。自然の風が気持ちが良いんですよ。

まとめると・・・

断熱効果のある「アルミボディパネル」と、風通しが良く厚みのある「ポップアップルーフベッド」で、夏場の直射日光はかなり抑えられる。ただし、いったんアツくなった空気は換気をしないと逃げにくい。という感じ。

これが秋冬になったときに、どこまで断熱効果があるのか期待が高まります。

関連記事

普段使いやキャンプに!軽キャンで重宝したMoon lence エアーマット(エアーベット)

軽キャン車中泊に!春夏はCAPTAINSTAGプレーリー封筒型シュラフ600が大活躍

軽自動車(軽キャン)のサイドオーニング取り付けを見送った5つの理由

この記事をシェアする