車内の湯沸かしはトラベルケトルスマートで楽々解決!国内海外両用の大容量ポット

軽キャンピングカーで車中泊すると、お湯が欲しいシーンって結構あります。あれこれ試した結果、ようやくこれだ!と思うものに出会いました。

Amazonクチコミ好評の「トラベルケトルスマート」です。国内海外両用の湯沸かしポット。なんと変圧器無しで全世界で使えるんですよ。あっという間にお湯が沸きます。

Sponsored Link

車内で活躍!全世界で使える携帯ポット「トラベルケトルスマート」

我が家は車用として購入。クチコミでは海外でお使いの方がほとんどです。

見た目の印象はとてもシンプルですよね。耐久性大丈夫?と思ったのですが、3~4年使っても問題ありませんとコメントされている方がいらっしゃいました。コスパ最高じゃないでしょうか。

すぐにトラベルケトルスマートの特徴を御覧になりたい方はおすすめ!トラベルケトルスマートの特徴へどうぞ。ページジャンプします。

使い方は簡単!車内でお湯を沸かす喜び

このトラベルケトルスマートの使い方は、拍子抜けするくらい簡単。

大きく開くフタ。お水を入れて・・・

スイッチオンするだけ!

シェラカップ2杯分強のお湯が約5分で沸く!

常温水を入れ、5分後に温度を測ったら99.3℃でした。(水温や電圧環境によって多少変わると思います。)

ワカメスープもサッと作れる。注ぎ口も良い感じです。フタがしっかり閉まっているので、傾けたときに熱湯が出てしまう心配も無し。

朝からカップ麺も楽々。ま・・・栄養面は別として。

これで、暑い夏や寒い冬にあれこれ道具を出す事がなくなります。思い立ったらいつでも温かい飲み物を頂ける。沸かしたお湯をクッカーに入れて軽い湯煎も出来ますね。

何より、火を使わない安心感が嬉しい。もっと早く出会いたかったと思うくらい!

トラベルケトルスマート購入の決め手

購入の決め手は以下5つです。

  • 500mlの大容量
  • 5分程度で沸く(以下に温度表示画像あり)
  • 軽い
  • コンパクト
  • 沸騰・転倒時自動電源OFF

中でも、500mlの水が5分程度で沸くこと。これが嬉しい!夫婦2人なので、スープ2杯分が一度に沸く湯量が欲しかったのです。

お湯が入っていても軽く持てる軽量さ、うっかり倒しても安心な点も良いですね。

トラベルケトルスマート購入理由

これらの条件が欲しかった理由は色々あるんです。ざっと書くと以下のとおり。

車内で火を使って沸かすと・・・

  • 火から目を離せない
  • 車内温度を上げたくない
  • 道具を出す手間を省きたい
  • いつ沸くのか分からない

これまで、車内でお湯を使いたいとき、以下のようにガスバーナーやカセットコンロで沸かしていました。


▲イワタニのガスバーナージュニア+ユニフレームのバーナーパッド

のんびりしたい時はこのスタイル大好きです。

ユニフレームのバーナーパッドはほんとに色々なシーンで活躍しますね。炙るだけではなく、五徳の役割もしてくれて便利。火が均等に広がってくれるので重宝します。(このシェラカップはチタン製なので直火OK)

関連記事

エスビットのポケットストーブで料理お試し!固形燃料でエイヒレを炙る

ユニフレームのバーナーパットMにシンデレラフィット!飛騨コンロ5号で炙りを楽しむ

ただ・・・この方法は、火を常に見ていないといけないので他の事が出来ません。お湯がいつ沸くのか分からないので、シェラカップを何度も見て覗いて確認する時間も必要でした。

また、火を使う事であっという間に車内温度が上がってしまうという問題も。夏場はキツイんですよね。換気扇を自作して付けても汗だくでした。

関連記事

台所用換気扇でベンチレーター自作!軽キャンピングカーのサブバッテリーで試運転

それでは、このトラベルケトルスマートの特徴などをご紹介します。

おすすめ!トラベルケトルスマートの特徴

以下のとおりメリットいっぱいの携帯ポットです。Amazonでは高評価(☆4)になっていますよ。

トラベルケトルスマート(500ml)の特徴

  • 変圧器不要。本体に電圧スイッチあり。
  • 軽量。500mlと大容量ながら本体重量460g。
  • 凹凸が少ないスマートデザインで収納時に他の荷物に干渉しにくい。置き場所を選ばない。
  • 電気コードはスッキリ収納可能
  • 【安全機能】空焚き防止機能、沸騰・転倒時自動電源OFF機能を搭載。本体素材は耐熱性の優れたポリカーボネイト
  • 【沸騰時間の目安】電圧100-120V:0.2L-約4分 0.5L-約7分30秒 電圧220-240V:0.2L-約3分 0.5L-約5分30秒

▼電気コードはこんな感じに収納可能


photo by Amazon

クチコミでは海外でお使いの方が多かったので、変圧スイッチの様子をご紹介しておきます。

変圧スイッチは安心仕様

本体底に変圧スイッチがあります。


photo by Amazon

コインなどで切り替える仕様。使用中にどこかに触れたりして、誤って変圧が変わってしまう心配がありません。必ずコンセントを抜いた状態で設定します。

変圧器は不要ですが、電源変換アダプターは必要です。事前に渡航先のコンセント形状を確認してくださいね。

Aタイプ以外の国で使う場合は変換プラグが必要です。

ここが気になる!使用前に数回お湯を沸かそう

使ってみて気になった点は、お湯の匂い。最初の2~3回はプラスチックのにおいがします。それ以降は全く問題ありませんでした。

みかんの皮やミントを入れて沸かしている方もいらっしゃったので、やはり最初の数回は匂いがするかと思います。

海外で使う場合は、自宅で数回沸かしてから持ち出すと良いですよ。

旅先や車内で!電気で安全にお湯を沸かす


▲2~3分で気泡が見えてくる

世界中で使える携帯ポット「トラベルケトルスマート」のご紹介でした。メリットは盛り沢山。

  • 500mlの大容量
  • 5分程度で沸騰する
  • 軽い
  • コンパクト
  • シンプルデザイン
  • 空焚き防止機能付き
  • 沸騰・転倒時自動電源OFF

シンプル・安心設計で使いやすい

タイマーや温度設定のスイッチが無い、シンプル設計であることも嬉しい点です。電子機器が苦手な方でも簡単。好きな時にスイッチを入れるだけでお湯が沸きます。

沸いたら自動でOFFになり、赤いランプが消えます。うっかりうたた寝しても大丈夫。


▲分かりやすいON・OFFボタン

デザインがスマートシンプルなので、自宅や事務所でお使いの方もいらっしゃいます。ステンレス製よりも軽いので、重たいポットが苦手な方にもおすすめですよ。

この記事をシェアする