津軽海峡フェリー周辺観光「ねぶたの家ワ・ラッセ」と「魚っ食いの田」ランチ

北海道
この記事は約5分で読めます。

本州から軽キャンピングカーで北海道へ渡るのに「津軽海峡フェリー」を利用しました。乗り場は青森です。乗船する前に青森の観光をしたい!と「ねぶたの家ワ・ラッセ」へ。

青森ターミナル乗り場まで車で10分程(約4.5キロ)で、とても近い。施設内にあるお食事処「魚っ食いの田」でランチも出来ます。これがとっても美味しいんですよ!

スポンサーリンク

ねぶた祭の歴史や魅力に触れる「ねぶたの家ワ・ラッセ」

北海道へ渡る目的で青森に行きました。足を伸ばして観光したいけれど、時間的にフェリー乗り場から遠くへは行けません。でも・・・せっかく青森に居るのに、青森らしさをスルーするのも寂しい。

そこで「ねぶたの家ワ・ラッセ」。

津軽海峡フェリー青森ターミナル乗り場のすぐ近く。約4.5キロ程の場所にあります。北海道へ行く前から嬉しい出会いに大満足。おすすめです。

ねぶたの家ワ・ラッセとは

2011年1月にJR青森駅の海手にオープンしました。展示だけではなく、ねぶたのすべてを1年を通じて体感することができます。

祭本番に出陣した大型ねぶたが常設展示されていますよ。(後述あり)

 

その他、触ることができるパーツねぶた、歴史について、制作者の特徴が表れるねぶた面のなど。

それぞれ、見やすい高さになっています。

一番の見どころは「大型ねぶた」

私が一番感動したのは、1階に展示されている「大型ねぶた」です。2階まで吹き抜けになっているスペースに並んでいるコーナー。

もう・・・素晴らしすぎて言葉を失う

スケールの大きさに圧倒されます。ねぶた祭が素晴らしいのはテレビで知っていたけれど、実際に目の前で見ると、想像をはるかに超えていました。

力強く美しく優しく、どこか懐かしい雰囲気に心がアツくなってくる。いつまでも見ていたい気持ちになります

 

文章では伝わらないので、動画を貼りました。見えると良いのですが。

 

小中学生の体験、親子で参加できる工房もあります。ねぶたのお面、うちわ、金魚などを作れるようです。ぜひ訪れてみてください。

それでは、お食事処の紹介を。

施設内のお食事処「魚っ食いの田(さかなっくいのでん)」

ねぶた展示を見終わると、お土産販売コーナーへ出るようになっています。そのまま歩いて出口まで進むと、お食事処を見落としてしまいます。

お土産コーナーを出たらすぐ、振り向くと上画像のノレンが見えます。くぐってしばらく歩いてみてください。突き当たって右側にお店がありますよ。

地元青森の海鮮を楽しむ

私が頂いたのは以下の「トロサバ塩焼き定食」。600円でした。

正直言って、安いから選んだのですが・・・これがビックリするくらい美味しい

こんなに美味しいサバを頂いたのは久しぶり。ご飯は甘くて艶々(青森県産)。お味噌汁は魚のダシが出ていて、具剤の魚のアラはホロホロでした。

ただ、注文してから焼くので少し時間がかかります。時間の余裕を持ってどうぞ。ワ・ラッセへ行った時には、ぜひ寄ってみてくださいね。

席から景観も楽しめる

席からは、お洒落な「みなとオアシスあおもり」や海が見えます。

営業時間

  • ランチタイム:AM11:00~PM3:00(最終受付PM2:30)
  • ドリンクのみ:PM3:00~PM7:00(9月~4月)・ PM3:00~PM8:00(5月~8月)

「ねぶたの家 ワ・ラッセ」営業時間とアクセス

  【ねぶたの家 ワ・ラッセ】

  • 住所:〒030-0803 青森県青森市安方1-1-1
  • 電話:017-752-1311
  • 営業時間 5月~8月:AM 9:00 ~ PM 7:00※最終入場PM 6:30
  • 営業時間 9月~4月:AM 9:00 ~ PM 6:00※最終入場PM 5:30

「ねぶたの家ワ・ラッセ」から「津軽海峡フェリー青森ターミナル」へのルート

「青森駅」から「ねぶたの家ワ・ラッセ」へのルート

青森らしさに出会える「ねぶたの家ワ・ラッセ」

「ねぶたの家ワ・ラッセ」と、施設内の食事処「魚っ食いの田(さかなっくいのでん)」を紹介しました。「みなとオアシスあおもり」の中にあります。

津軽海峡フェリーの青森ターミナル乗り場からは約4.5キロなので車移動が良いですが、青森駅からならば徒歩3分程です。周辺はお洒落なスポットが沢山。

 

以下は、みなとオアシスあおもりよりお借りしました。位置関係の参考にどうぞ。

みなとオアシスあおもりMAP

フェリーを利用せずとも、青森駅周辺へ行ったのならば、ぜひ「ねぶたの家 ワ・ラッセ」へ寄ってみてください。迫力満点です。

そしてぜひ「魚っ食い田(さかなっくいでん)」でランチをどうぞ。ランチタイムは11時~15時(受付は2時半まで)と短いので、時間を狙って行ってみてくださいね。

関連記事

愛犬と北海道旅行!津軽海峡フェリーのドックルームを体験して思うこと
先日、愛犬と北海道へ行ってきました。一番の心配は、本州から北海道へ渡る時の愛犬をどうするかという問題。愛犬の体調を考慮して、乗船時間が短い函館~青森の「津軽海峡フェリー」を選択。 まず「津軽海峡フェリー」のわんこ対応概要をご紹介。 ...
津軽海峡フェリー周辺観光「六花亭」五稜郭店の喫茶コーナーで北海道スイーツ
北海道から軽キャンピングカーで本州へ渡るのに「津軽海峡フェリー」を利用しました。最後に北海道らしいお店に寄りたい!と「六花亭五稜郭店」へ。 フェリー乗り場まで車で10分程(約5キロ)です。フェリーに乗る前に、六花亭のお土産を購入したり...
ペットパラダイスのリュックで愛犬を守る!前抱っこキャリースタイルがおすすめ
犬連れで出掛けると、ペット禁止の場所が多いですよね。そこで、車内でお留守番と思うけれど、車内温度が心配でなかなか出来ません。 そこで、ペットパラダイスのリュック。 いかにも「ペットが入ってます」感が無いデザインなので、周りに気を...
北海道 旅の記録
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

車中泊で活躍中

車中泊で活躍中

Amazon情報

Amazonランキング

Amazonアウトドア用品ランキング

Amazonアウトドア用品の各ランキングを以下リンクからチェックできます。ランキングは1時間ごとに更新。リアルタイムでお気に入りを見つけよう!

新着 ランキング

売れ筋 ランキング

人気ギフト ランキング

ほしい物 ランキング

おすすめキャンプ場検索

TAKIBIキャンプ場予約
TAKIBI

2019年5月にオープンした日本全国のキャンプ場やコテージなど、アウトドア施設に特化したオンライン予約サイト。

検索手段が豊富なため、ターゲットを絞ったプランの検索や予約ができます。

利用日検索の他、フリーサイト・区画サイト・車横付け可などのスタイル検索が便利。日本地図エリアから調べることも出来ます。
旬のコラムや特集も充実したサイトです。

スポンサーリンク
こもれびスタイル
タイトルとURLをコピーしました