道の駅清川から近い「かぶと湯温泉 山水楼」は天然自噴かけ流しの露天風呂

神奈川県の道の駅、清川周辺には温泉がいくつかあります。あれこれ迷っていたところ、地元の方に「かぶと湯温泉 山水楼」を教えて頂きました。

訪れたところ情緒たっぷり。大人がのんびり寛ぐ温泉という感じで、とても良かったのです。

Sponsored Link

日帰り入浴も出来る!秘湯の一軒宿「かぶと湯温泉 山水楼」

「かぶと湯温泉 山水楼」は道の駅清川から車で15分ほどです(アクセス詳細は後述)。

機械で汲み上げたり、循環器を使ったりしない温泉宿。天然自噴のかけ流し温泉です。日帰り温泉の場合、1時間の立寄り湯または個室休憩3時間となっています。

清川にお住いの方と会話する機会があり、お湯が柔らかくて心地良い!と教えていただきました。脱衣所で会話していた女性も「ここの温泉に入ると翌朝の肌が違う」とおっしゃっていました。

無色・無臭で、わずかにとろみを感じる優しいお湯です。

大正12年の天然自噴温泉

かぶと湯温泉は大正十二年関東大震災のときに、かぶとの形をした岩のふもとから湧き出しました。(中略)当温泉の特徴として、ボーリングは一切しておらず、機械動力による汲み上げも行わず、地表まで自噴した源泉を循環器等も使用せず、そのまま浴槽から上がり湯まで掛け流し使用しています。このような形態の温泉供給は今の時代とても貴重です。

引用:かぶと湯温泉

主人が調理する季節の食事も嬉しい


photo by かぶと湯温泉

宿泊、日帰り共に料理を味わう事が出来ます。地元の食材を中心に宿の主人自ら調理をされていて、公式サイトでは「大切な料理です。他人には任せられません。」とのこと。料理に対する愛情が伝わってきます。

それでは、私が訪れた時の様子を少しご紹介します。

静かに佇む秘湯の一軒宿

初めて訪れた時「え!本当にこっちで良いの?」とナビを疑うような雰囲気でした。道の駅から15分ほど車を走らせ、ナビ通りに進んでいくと以下のように細い道が出てきます。

ゆっくり進んでいくと駐車場があり、ほっと一安心。

車をとめ、その先を歩いていくと木造の宿が見えてきます。

どこか懐かしい温かい雰囲気。その佇まいの印象はとても穏やかです。時を超え、異空間へタイムスリップしたような気分に。

宿に入っても落ち着いた雰囲気はそのまま。暖炉もあります。

昔ながらのシンプルな脱衣所

宿の方に声をかけて日帰り入浴へ。

脱衣所はご覧のように籠が並んでいるだけという昔ながらのスタイル。カギが無いので、貴重品が心配な場合は預かってくれます

脱衣所にはドライヤーが1つだけありました。化粧水、ブラシ、コットン、綿棒などのアメニティはありません。ここに過度なアメニティは似合いませんね。昔の銭湯もこんな感じでした。懐かしさがこみあげて胸がキュンと。

宿の雰囲気を味わうには、シンプルがいちばん。

内湯1つ、小さなウッドデッキ付き露天1つ

洗い場へのドアを開けると、目の前に内湯。こちらからも景色が見えます。

洗い場は5~6人が座れる程度の広さ。こじんまりとしていて落ち着きます。使い込んだ手桶に柔らかいお湯をためながら、あれこれ思います。

身体を洗うのは石鹸。ボディソープが無い温泉って久しぶりでした。子供の頃に通った銭湯を思い出したりして。髪を洗う場合はリンスインシャンプーがありますよ。

石鹸を手にとり、身体を洗いながら周囲を見渡すと長い時間変わらない雰囲気を感じます。それなのに、お掃除が行き届いて清潔。宿の方が毎日お手入れされているのでしょう。次第に心もほっこり。

温泉は身体を洗ったり、温めためたりするだけではなく、こうしてのんびりと心も満たす場所でありたいですね。

カラリとドアをあけ露天へ。


photo by かぶと湯温泉

うわぁ~!最高。

外の風がお湯に当たり、湯気が揺らいでいます。2人が入れる程度の小さな露天です。露天のお湯の前には小さなウッドデッキがありますよ。

この日は雨上がりで蒸し暑かったため、宿の方が蚊取り線香を炊きに来てくださいました。豚の蚊取り線香がまたいい感じ。煙と湯気が重なってなんとも渋い。

やわらかなお湯に身体をあずけ、自然の風を感じて鳥の声を聞くひとときは最高です。

交通アクセス

◆車の場合

神奈川県厚木市七沢にあります。七沢温泉が比較的有名なので、ご存知の方は「七沢」という地名で何となく場所がお分かりかと思います。

他に分かりやすい目印として、道の駅清川からほぼ道なりに車で15分程度。清川カントリークラブのすぐ近く。七沢自然ふれあいセンター入口付近に黄色い看板が出ているので、そこを曲がると、先ほどご紹介した画像のような細い道があります。

◆電車・バスをご利用の場合

小田急線本厚木駅北口より徒歩3分バスセンター(大型スーパーイオンの前)へ。
9番バス乗り場から七沢行きバスに乗車。約30分乗車後、終点「七沢」下車。バス停より徒歩5分。
※必ず終点「七沢」まで乗車してください。似た名称のバス停がいくつかあります。
※小田急線伊勢原駅北口からも七沢行きのバスが出ています。
引用:かぶと湯温泉

住所:神奈川県厚木市七沢2062
TEL:046-248-0025

道の駅清川へ来たのなら一度は訪れて欲しい「かぶと湯温泉 山水楼」

「かぶと湯温泉 山水楼」のご紹介でした。

体感として、ファミリー向けというよりも、大人同士でのんびりと過ごす温泉宿です。

こちらの温泉宿・・・実は、道の駅清川近くのラーメン屋さんでラーメン店主と常連さん、おふたりからオススメされた温泉宿だったのです。地元の方が「一度は行って欲しい」と口を揃えておっしゃっていたので、さっそく訪れてみました。

ただし、入浴可能な時間帯と曜日など条件があります。以下に補足しておきますね。

日帰り入浴の受付は16:00まで!定休日に注意

2018年10月現在の情報です。参考程度にどうぞ。詳細は直接お問い合わせください。(かぶと湯温泉 TEL:046-248-0025)

  • 立寄り湯:1回1時間以内1,000円
  • 入湯・個室休憩:3時間2,500円
  • 毎週平日の火曜日と水曜日が定休日
  • 日帰り利用の営業時間は11:00~16:00。受付終了17:00迄
  • 終了時間や日帰り入浴は宿泊客の状況により変動あり
  • 個室利用は2人以上から
  • 食事付プランは前日までに予約
  • 日帰り利用にはタオルなし。販売されているが持参推奨
  • クレジットカード不可

ひなびた秘湯の一軒宿でしっとりと。湯気までも堪能できる温泉宿だなと思いました。慣れない土地の情報は、地元の方に聞くのがいちばんですね。

のんびりとお湯を楽しみたい方におすすめです。

関連記事

神奈川道の駅「清川」へ!軽キャンでのんびり飯山温泉「ふるさとの宿」旅

神奈川の道の駅「清川」で軽キャン車中泊!駐車場環境や食材調達は?

道の駅「清川」で軽キャン車中泊の旅!天然温泉と宮ケ瀬ダム観光へ

この記事をシェアする