夏キャンプにトウモロコシ!焚火台で皮ごと真っ黒に焼いて食べよう

先日、キャンプ場で採れたてのトウモロコシを販売していました。自宅では茹でたりレンジでチン!したりしますが、屋外ではどうすれば良いでしょう。

私は今回、皮ごと焼いただけという調理法にしました。これがとっても美味しかった!簡単なので夏キャンプの定番にいかがでしょう。

Sponsored Link

トウモロコシは茹でずに皮ごと焼くと旨味が逃げない!?

トウモロコシの美味しい調理法は、塩水に漬け込んで茹でてから、刷毛で醤油を塗りつつ、グリルやフライパンで焼くのが良いそうですね。

でも、自然の中で食べるトウモロコシだもの。

もっとダイナミックに。

生のまま焚火台の上へ!炭火で焼こう


ピコグリル398は最強だった!大きな薪も安定感抜群で使えるコンパクト焚火台

生のトウモロコシをそのまま焚火台の上へ。皮ごと置きます。

要するに、中まで火が通っていて、お醤油味の焦げ目があれば良い。粒にシワが寄ろうが、かぶりついて歯に挟まろうが気にしない!という事で、ダイナミックな調理法にしました。

炭を使うと香ばしくふっくら焼ける

この時、出来れば炭火を使って欲しいです。以前、炭火を切らしてしまって、薪だけで食材をを焼いた事があるのですが、味が全然違いました。え!こんなに違うんだ!と驚く程に。

炭はガス火の約4倍量の赤外線を放射すると言われていて、中までふっくらと、じっくりと過熱してくれます。硬い軸まで火を通すためにも是非使って欲しい。

炭を使うと、焚火の火持ちも良いので一石二鳥。

経験上、焼肉の油が落ちた煙で焼くとなお良いですよ!

くるくる回して皮を真っ黒にしよう

上画像くらい真っ黒にします。

この状態になるまで20分位。火力によると思いますが、とにかくじっくり焼いてくださいませ。

皮を真っ黒に焼いても・・・

剥いてみると、粒は黄金色のまま。

粒まで火が通っているか、軍手をしてチェックしてみてくださいね。火傷しないように。

お醤油を塗って香ばしく!再加熱

刷毛がなければ、キッチンペーパーやティッシュを使って、お醤油を塗るのも良い方法。

スプレータイプのボトルもオススメです。私は自宅でオリーブオイルをスプレーにしてヘルシー化しています。

今回はダイナミックに直接醤油をかけました。

焦げ目が思ったように付かないときはガスバーナーで炙っちゃってください。

採れたてのトウモロコシが手に入ったら、ぜひキャンプでどうぞ。

最後にもういちど繰り返します。

焼き方は簡単。

皮のまま炭火で焼くだけです。

真っ黒になるまで、時々回して焼きましょう。

お好みでお醤油をつけて再加熱。これがたまりませんのです!

火力が弱いとなかなか火が通らないので、チェックしてから皮を剥いてくださいね。旬の素材を味わいながらのキャンプ。最高です。

関連記事

キャンプで使う薪の種類と入手方法は?広葉樹と針葉樹の特徴と使い分け

ピコグリル398は最強だった!大きな薪も安定感抜群で使えるコンパクト焚火台

チャークロスの作り方は簡単だった!ピコグリルで焚火しながら炭布着火剤を自作