SOTOスライドガストーチでキャンパー気分!使い捨てライターとの違い

今後、外で火を扱うのでSOTOのスライドガストーチを購入しました。憧れてたんですよね。スチャッとスライドを出して、炎を投入する姿。

最初は火を付けるのは何でも良いのでは?と思っていたのです。単発的にバーベキューするときには、チャッカマンや100円ライターなどを使い回していましたから。

使い捨てライターと何が違うのでしょうね。

Sponsored Link

使い捨てライターとの違い

100円ライターとSOTOスライドガストーチを並べた様子。一回り大きいですね。

SOTOスライドガストーチは、しっかりと握ることが出来て使いやすい。ノズルが伸びるようになっていて、使わないときはコンパクトに収納。点火するときはカチッと音がします。

他に使ってみて良いなと思うのは・・・

  • 伸びるノズルにより手元が熱くならない
  • 着火ポイントを狙える
  • 小雨や強風でも消えない
  • コンパクト
  • 充填して繰り返し使える

という感じ。

「コンパクト」以外は、使い捨てライターには無いメリットではないでしょうか。

既にノズルが伸びている使い切りライターもありますよね。有名なところではチャッカマン。あれは、ターボで出ないので少し湿った素材には点火しにくいです。お天気の日に単発でバーベキューするような場合は良いですが。着火剤を使ったとしてもターボの方が簡単。

SOTOスライドガストーチの特徴は以下の通りですよ。

1300℃の強力耐熱!SOTOのスライドガストーチ

SOTOスライドガストーチ


SOTOスライドガストーチ

火口がのびる小型耐風バーナー。使用時は伸ばして安全に、収納は縮めてコンパクトに。炎温度1,300℃の強力耐風バーナーが、アウトドアシーンをバックアップ!さまざまなものに安全着火。燃料は充てん式。経済的なカセットガスの他、ライターガスも使用できます。

  • 寸法:幅35×奥行18×高さ110~185mm
  • 重量:55g
  • 火口径:直径14mm
  • 炎温度:1,300℃
  • 炎サイズ:直径3×15mm
  • 炎形状:極細集中炎
  • 使用燃料:経済的なカセットガス、ライター用ガス
  • 燃焼時間:約15分
  • 連続使用時間:30秒以内

ターボで炎が出るところも良い点。小枝を重ねた隙間に着火出来るし、小雨が降っても強風でもへっちゃら。頼もしい。

ボーッと音を立てて出ます。綺麗ですねぇ。このノズルは約75ミリ伸びます。

充填までの目安として、ガスの残量も窓からチェック可能。当然ですけどね!見えると安心。燃焼時間は15分とのことですが、着火だけなので十分です。

そうそう、今回ネットで購入するときに、危うく間違えそうになったSOTOの商品があるので、以下にちょっと書いておきます。間違えるのは私くらいかもしれないけど・・・。

見た目はそっくり!SOTOのスライドガスマッチ

同じSOTOから「SOTOスライドガスマッチ」という商品が出ています。使い方や見た目はよく似ているのですが、用途が違います。

スライドガスマッチは花火やキャンドルに点火する優しい炎用。スライドガスマッチはターボで炎は出ません。


SOTOスライドガスマッチ


photo by SOTO OUTDOOR PRODUCTS

ベテランのキャンパーの方々はもう当たり前に使っている、SOTOスライドガストーチについて記事にしました。ターボで出る炎は、もっと威力の高いタイプもあります。用途に合わせて使い分けですね。

私は、これを購入しただけで小躍りですよ。モノから入るタイプなので。チャッと着火するだけでもうキャンパー気分。ターボの炎って綺麗だなぁ。

この記事をシェアする