キャンプで使う手袋は?洗えるオイル加工の牛革で焚き火や薪割りから手を守る

キャンプ道具
この記事は約3分で読めます。

これまで焚火をするときは、軍手で薪を扱っていました。でも、時々手に木の皮が刺さるし、鉄板を触ったりも出来ないんですよね。薪割りもするようになったので、革の手袋を検討。

どうやら「オイル加工」されている牛革も使いやすいと分かりました。

スポンサーリンク

耐熱・耐久性が高くて洗える!牛床革オイル加工手袋

革手袋の素材は色々あるけれど、キャンプで使うとなると主に「牛革」「豚革」「合成革」の3種ですね。それぞれ良さがあるので迷ってしまう。

特徴は以下の通り。

牛革・豚革・合成革手袋の特徴

厚み 耐久・耐熱 手に馴染む 価格
牛革
豚革
合成革 ×

牛革は厚くて丈夫だけど、ちょっとゴワゴワしやすい。豚革は一般的に薄いタイプが多いので、手馴染みが良いけれど、耐久・耐熱性にやや難あり。

合成革は、耐久・耐熱性に難あるものの、安価で軽く使いやすい。

あっちを立てれば~の世界。

 

でも、耐熱耐久性に注目すると牛革が良いんですよね。デメリットの「ゴワつき」を軽減する牛床革に「オイル加工」をした手袋、使いやすそうです。

牛床革(オイル加工)はキャンプ用手袋向き

牛革手袋にオイル加工したモノを調べてみると「牛床革」が沢山出てきます。

「牛床革」ってなあに?と思い調べてみました。

牛床革とは
牛側の銀面(つるつるした表皮=本革)を取り除いた内側の部分。
牛革は厚みがあって、5ミリ前後あるので、薄い革を作るときは表面の部分だけ使います。その残りの革の部分。

床革って、表面を剥いだ残りなの?!と思うけれど、本革だから高級、床革だから劣るというものではありません。

  • 本革:耐久性に優れているが、水や熱には弱い
  • 床革:スエードなどをのぞき、表面に樹脂加工がほどこすため撥水性がある

 

オイル加工とは、革にオイルを浸透させて加工したもの。そのため、洗っても硬くなりにくい。使い始めから手に柔らかく馴染むという特徴があります。

つまり「洗える牛革!」となるわけですね。まさにキャンプ用手袋向けの素材と言えます。

いや、薪を触る程度だから、そこまで耐久・耐熱性は求めてないよ!という場合は豚革もアリ

とはいえ、牛革は高価な傾向にあるのも気になるところ。

たとえ高価でも、気に入った手袋を長く使うのもアリだけれど、革手袋に慣れていない場合、ちょっと作業をする時は豚革でも十分かと思います。

人によっては、豚革の方が柔らかいから好きという方もいらっしゃるので。

まとめ:牛革・豚革どっちが良い?


洗える革手袋 

まとめると・・・牛革本来の素材を無骨に使うのもアリ。けれど、牛床革の手袋は使いやすい。とはいえ、それほど耐久・耐熱を求めないのであれば、豚革も良いよ!となります。

  • 牛床革(オイル加工)手袋:ガッツリ耐久・耐熱。洗える。硬くなりにくい。
  • 豚革手袋:ほど良き耐久・耐熱。(洗っても牛革ほど硬くならない)

 

 

あとは手袋の形状が指が短いタイプ、内側が綿になっているタイプと色々あるので、気に入った形をチェック。

5本指にこだわらず、ミトンタイプを選ぶと色々なシーンに使えそう。

人気のスノーピークのキャンパーズミトンは女性の手には少々大きめですが、ダッチオーブンや鍋を掴むのにも良いですね。


スノーピーク キャンパーズミトン

キャンプ道具
スポンサーリンク
関連記事
スポンサーリンク

車中泊で活躍中

車中泊で活躍中

Amazon情報

Amazonランキング

Amazonアウトドア用品ランキング

Amazonアウトドア用品の各ランキングを以下リンクからチェックできます。ランキングは1時間ごとに更新。リアルタイムでお気に入りを見つけよう!

新着 ランキング

売れ筋 ランキング

人気ギフト ランキング

ほしい物 ランキング

おすすめキャンプ場検索

TAKIBIキャンプ場予約
TAKIBI

2019年5月にオープンした日本全国のキャンプ場やコテージなど、アウトドア施設に特化したオンライン予約サイト。

検索手段が豊富なため、ターゲットを絞ったプランの検索や予約ができます。

利用日検索の他、フリーサイト・区画サイト・車横付け可などのスタイル検索が便利。日本地図エリアから調べることも出来ます。
旬のコラムや特集も充実したサイトです。

スポンサーリンク
こもれびスタイル
タイトルとURLをコピーしました