一回使い切りでお手軽BBQ!クラフトグリルが天然素材で快適だった

先日、高尾山の展望台付近にある「高尾山BBQマウント」でバーベキューランチをしてきました。展望台からの景色も楽しめます。テーブルに置かれたクラフトグリルで焼くというシステム。

クラフトでしっかり焼けるのか?と火力が心配でしたが、ジュウジュウと音をたて焦げ目こんがり。とても美味しかったですよ。

Sponsored Link

高尾山BBQマウントで手ぶらバーベキュー

今回は上画像のクラフトグリル「CasusGrill(カサスグリル)」のご紹介。

上に乗っている野菜や肉は、私が訪れたお店「高尾山BBQマウント」のバーベキューメニューの一部です。竹串にズッキーニ・ペコロス・新じゃがを挿すとはお洒落ですねぇ。これは真似できそう。

お店のバーベキューは11月~6月の一週目くらいまでの限定で、混雑時は予約優先です。お店の詳細は「高尾山展望レストラン TEL:042-665-9943」へお問い合わせくださいね。

話を戻して・・・このクラフトグリル。実際に使ってみるととっても良かったのです。これ1つあれば、手軽にバーベキュー可能です。

1回きりの使い捨てなので、ギトギト油を洗ったり片付けたりする必要がありません。準備も後処理も早い。幹事さんがいらっしゃる団体さんも楽ですね。

一回使い切りのクラフトグリル「CasusGrill(カサスグリル)」

デザインはとてもシンプル。カッコいいなぁと思ったら北欧デンマーク生まれでした。全てが天然素材で出来ています。

着火剤がコーティングされた竹炭がびっしり並んでいて、油が落ちても燃え広がらないように設計されています。食材をムラなくじっくり焼くことが出来るというもの。

主な特徴は以下の通り。

  • 5分で着火。即グリル可能
  • 着火剤の追加不要
  • 火持ちは約60分
  • A4サイズより少し大きめ
  • 重さは約1キロ
  • 可燃ごみにそのまま出せる一回使い切り


▲グリルのサイドに簡単な説明表示あり

グリル開始は竹炭の色で分かる

着火からグリル開始までの目安は炭の色で分かります。

網を外して、四隅に火をつけて2~3分すると上画像のように、竹炭の色がもや~っと白く変化してきます。白い煙も出てきますよ。着火から5分で食材を置いて焼くことが出来ます。


▲着火前の竹炭は黒い

火力しっかり!ムラなくじっくり焼ける

このグリルが良いなと思ったのは、火が均等に広がること。むらなく焦げ目がつきます。上画像のズッキーニや新じゃがの焦げ目でも均等な様子が分かります。

薪や木炭を使って金網で焼く場合、お肉の油が落ちて強火になり、近くの野菜が焦げて無駄になる・・・なんてこともありますが、このグリルはそんな心配がありませんでした。

食材を慌ててひっくり返したり、避難させたりする忙しさは激減。のんびりと会話を楽しみながら焼くことが出来ました。

逆に言うと「ワイルドに強火でガンガン焼きたい場合は不向き」となります。金網のように押し付けて焼くのもダメです。皆さんが手軽にバーベキューするようなレジャー的なイメージで使うのにオススメですよ。

使い終わったら燃えるゴミへポン!で終わり

1時間使うと少しずつ弱火になってきます。上は使用後の様子。このままポンと可燃ごみで処分出来るので、ギトギト油を洗って干して収納して・・・なんて作業は不要。

レクやサークル、同窓会など、会話を楽しみたいバーベキューに良いと思いました。遠赤効果で食材も美味しく、見た目もお洒落。手軽でおすすめです。

コンパクト設計なので卓上で楽しめます。お花見にも良いですね。

この記事をシェアする