コールマンツーリングドームに合うグランドシートは?ブルーシートで代用は?

キャンプ道具
この記事は約10分で読めます。

私は、コールマンテントツーリングドームLXを使っています。

ロゴスのぴったりグランドシートMをグランドシート(テントシート)にしたところ、とても使いやすかったのです。コールマンテントツーリングドームの場合、STもLXも210cmを基準に探すと見つけやすいですよ。

スポンサーリンク

コールマンテントツーリングドームSTとLXに合うグランドシート(テントシート)は?

 はじめに
コールマンテントツーリングドームのインナーテントサイズってどのくらい?テント用グランドシートを探してるんだけど。ブルーシートやレジャーシートじゃダメなの?という方におすすめな記事です。

コールマンツーリングドームのスペック

コールマンテントツーリングドームは、サイズが2種類あります。

  • ST(1~2人用)
  • LX(2〜3人用)
ST(1~2人用) LX(2〜3人用)
サイズ 使用時:
約210×120×100(h)cm
収納時:
約直径23×54cm
使用時:
約210×180×110(h)cm
収納時:
約直径24×60cm
重量 約4.4kg 約5.6kg
定員 1~2人 2~3人
耐水性 約1500mm(フロア:約1500mm)
付属品 ペグ、ロープ、キャリーバック

関連記事

実はAmazon限定カラーもあるんですよ。詳細は以下の記事へどうぞ。

あのコールマンにAmazon限定カラーがある!テントやワゴンを大人キャンプ色に
先日、Amazonでキャンプ道具を調べていたら、コールマンツーリングドームの渋い色が出てきました。キャンプ場では見たことが無いオリーブ色です。 これは・・・と思い、探ってみると他のテントや道具にもAmazon限定で対応している様子。コ...
コールマンツーリングドームSTとLX比較!冬の2人テント泊使用感とインナー温度
芸人ヒロシさんの「ヒロシちゃんねる」キャンプ動画で、コールマンツーリングドームの良さを知りました。 夫婦でキャンプするテントとして良さそうだったので、早速購入。惹かれた点は、前室が広い事、インナーテントにメッシュドア(窓)が前後にある...

STとLXのインナーテントサイズ差は縦60センチ

上表のように、ツーリングドームSTとLXのインナーテントのサイズ差は縦幅60cmのみ。横幅は同じ210cmです。

なので、インナーテントの下に敷くグランドシートは、ST・LXどちらでも、まずは210cmを基準に探すと分かりやすい!となります。

テントを使う時に地面が乾燥して晴れている場合は、インナーテントによりも多少大きいシートでもOK。とはいえ、自然の天気は変わりやすいもの。フライシート(インナーテントの上にかぶせて使うシート)からはみださずに使う癖を付けておきましょう。

 

グランドシートは、インナーテントと同じサイズが理想です。テント寿命をのばし、居心地も良くなります。

詳細はグランドシートはなぜ大事?へどうぞ。ページジャンプします。

ツーリングドームに合うグランドシートのサイズは?

もう一度、インナーテントのサイズを抜粋します。

  • STのインナーテント:210×120cm
  • LXのインナーテント:210×180cm

ツーリングドームのインナーテントは長方形。どちらも横幅は210cmなので、210cm以内のグランドシートを敷くことになります。

 

私が使いやすいと感じたのは、ロゴスぴったりグランドシートM。このサイズならば、ST・LXどちらでも使えます。

ロゴスのグランドシートは色々な種類があります。Amazonでは ロゴス(LOGOS)ぴったりグランドシート200(192×192cm)を購入された方もいらっしゃいました。

ST・LXどちらにも使える!ロゴスぴったりグランドシートM

私は、ロゴスぴったりグランドシートMサイズを愛用。
210×210cmの四隅に帯(紐)がついています。テントに結んで使うシートです。

ツーリングドームで使うと、前室側に少し余裕が出るサイズになっています。少し内側に畳む必要があるけれど、帯(紐)で固定する事でビシッと定まる。気持ちが良い!

ネーミング通りのイメージでした。

 

以下画像は設営が終わった状態。


▲画像右下、黄色い丸部分に見えているのが帯(紐)

 


▲シートを少し畳める余裕があります。

この帯(紐)が良くて他のテントでも使っています。


▲ワンタッチテント

ロゴスのぴったりシートMの嬉しい点。

  • 帯(紐)で固定するからズレにくい
  • ブルーシートよりも薄手。コンパクト収納できる。
  • テントを移動したい時・撤収が早い
  • 帯(紐)を利用して吊るす事ができる
  • 正方形で畳みやすい

 

難点をあげるとしたら・・・レジャーシートとして使うには、少々味気ない色と素材といったところ。何かの保護に使うシート専用。タープとしては使えない点。

素材は薄手で柔らかいです。とはいえ、すだれ状に破けてしまうような頼りなさはありません。インナーテントの下、荷物置き、突然の雨、汚したくないモノの保護にサッと使えて便利。

個人的には、テント泊のキャンプに欠かせない道具の1つです。

 

紐は面倒!という場合は、別のメーカーでハトメが付いているタイプも有ります。

ツーリングドームとサイズ相性良し!GEERTOPテントシート

Photo by Amazon

GEERTOPテントシートは丈夫な素材で、タープとしても使えます。

Amazon売れ筋ランキング「テントシート」部門 で1位(2019年12月現在)。

GEERTOPテントシートは一辺がすべて210cm。ツーリングドームのインナーサイズST・XLも横幅が210cmなので同じ寸法になっています。サイズ相性が良いシートと言えますね。

 

GEERTOPテントシートのサイズ展開

GEERTOP
テントシートのサイズ
ツーリングドームのインナーとの相性
ST(210×120) XL(210×180)
M 210×90cm × 足りない × 足りない
L 210×130cm 〇 10cm余る
内側に畳めば使える
× 足りない
XL 210×145cm △ 内側に畳めば使える × 足りない
XXL 210×180cm × 60cm余る ◎ ぴったり!
XXXL 210×260cm × 100cm余る × 大きく余る

それでは以下に、グランドシートの大切さを説明します。もう知ってるよ!という方は、最後のまとめへどうぞ。

グランドシートはなぜ大事?

グランドシートはとっても大切です。役割は以下のとおり。

グランドシートの役割

  • テントの汚れや破損を防ぐ
  • 地面からの冷気を防ぐ
  • 湿気と浸水を防ぐ

 

ただし、テント構造や使う場所によっては、必ずしもグランドシートが必要とは言えません。

ツーリングドームのような構造のテントで宿泊するのならば、地面の湿気や冷え、雨風など、周囲の影響を極力受けずに過ごす方が賢明。テントの寿命、居心地が変わります。

とりあえず敷いてあればいいわ~と合わないサイズを使うと、テントが濡れたり汚れたり、小石で擦れたりしてテント寿命を短くします。

グランドシートは素材とサイズをチェックしよう

グランドシートはインナーテントと同じサイズが理想

グランドシートが大きすぎると、雨水や泥が侵入してインナーテントを痛めます。小さすぎると地面の小石や根のデコボコが直接当たったりして、これまた痛みの原因になってしまう。

特にインナーテントの防水性が弱くなっていたり、縫い目が弱かったりすると影響が出やすいです。寝ている間に水が入ってきた!なんてこともありえます。

アルミシートを併用しよう

特に地面からの冷気を防ぐ時は、アルミシート+グランドシートにすると、より一層テント内の環境が良くなります。冬場は特に地面からの冷えを防いでくれます。

厚手タイプを使うと、小石があっても緩和されるので一石二鳥。

Amazon’s Choice:HWSHOW 銀マットキャンプ用 200×250cm

 

もし、テント内でコット(底上げされた簡易ベットのようなもの)を使うとしても敷いた方が快適です。アルミシートは災害時にも役立つお役立ちシート。

ブルーシートやレジャーシートってどうなの?

実際にブルーシートを使って感じるのは

  • インナーテントに合うサイズや素材を見つけにくい
  • 耐久性を考えて厚手のブルーシートにすると扱いにくい
  • インナーテントより小さいとテントに影響が出やすい
  • 内側に折って使うならハトメ付きを選ぶ

といった具合です。

ブルーシートやレジャーシートはサイズと厚みが豊富。そこからインナーテントに合ったサイズや素材を選ぶ手間がかかります

ブルーシートの番手(#~)
ブルーシートは番手という数字があって、数字が多い方が分厚くなっています。
#1200は1か月未満、#5000は約4~5年と厚みによって耐久期間に差があります(ココミテvol.2調べ)。せっかくなら長く使いたい!と番手を大きくすると、分厚くなって収納や後の手入れが大変です(経験済み)。

 

器用な方は、ブルーシートをインナーテントに合わせてカットし、ハトメを付けて自作する方もいらっしゃいます。自作しないのであれば、専用シートを使う方が近道なのではないか?と個人的に思います。

それでもやっぱりブルーシートが良い!という場合はハトメ付きを選ぶと良いです。紐も何もついていない1枚布タイプを内側に折って使うと、ズレて雨水や泥が直接当たる事があります。


色々書いたのでまとめます。

まとめ:グランドシートを敷いて快適にテントを使おう

コールマンツーリングドームST・LXはインナーテントの横幅が同じ

コールマンテントツーリングドームのインナーテントサイズは

  • STのインナーテント:210×120cm
  • LXのインナーテント:210×180cm

となっています。横幅は、ST・LXどちらも横幅は同じ210cm。

そのため、グランドシート(テントマット)は210cm以内で探すと見つけやすいです。中にコットを入れる時も210cm以内となりますね。

ツーリングドームST向け
ツーリングドームSTの場合、AmazonではGEERTOPのテントシートが人気です。

ツーリングドームXL向け
私がツーリングドームXLで愛用中しているグランドシートは「ロゴステントぴったりグランドシートM」。210×210cmで横幅ぴったり。

紐で簡単に留める事ができます。

 

GEERTOPのテントシートでは、XLのインナーテントと同じサイズが出ています。

 

ブルーシートやレジャーシートは使い方次第

ブルーシートやレジャーシートは使えない事はないけれど、私には不向きでした。

  • インナーテントに合うサイズや素材を見つけにくい
  • 耐久性を考えて厚手のブルーシートにすると扱いにくい
  • インナーテントより小さいとテントに影響が出やすい
  • 内側に折って使うならハトメ付きを選ぶ

薄手にすると値段は安いけれど、耐久性が悪かったり、厚手すぎると収納場所を取ったり洗いにくかったり。あの真っ青な色も苦手。結局使わなくなったので、最初から専用シートにすれば良かったと思っています。

自作出来る方ならば、インナーテントに合うようにカットしてハトメを留める方法もあります。環境や使い方次第かと思います。

インナーテントに合ったグランドシート(テントシート)を使って、快適なキャンプをしましょう!

タイトルとURLをコピーしました