車中泊で大活躍!100均のキャンプ便利道具「カラビナ付きタオルホルダー」

軽キャンピングカー「インディ108」を購入して、最初にこれは便利!と感じたキャンプ道具が100均の「カラビナ付きタオルホルダー」です。

Sponsored Link

カラビナにゴム製のヘラのようなものがついています。そのヘラの内側に十字の切れ目があって、タオルやハンカチなどを挿し込めるというもの。とてもシンプル。

これが車中泊や車旅に便利なんですよ!

  • 車内のゴミ分別
  • 愛犬のリードひっかけ
  • ドア内側にタオル干し

他にも色々と応用できますが、私はこの3パターンをよく使っています。

車内のゴミ分別に

旅の最中、ゴミ袋を車の床に置きたくないですよね。

我が家の場合、車内を清潔にしたいという目的の他に・・・床の熱問題があります。軽キャンインディは走行中に床が熱くなるので、床に置くとゴミが温まって匂いが出るのです。

そこで、シンク横に取っ手付きのゴミ袋を、ビン缶類、燃えるゴミの2種類に分けてひっかけています。簡単に分別しておくだけで、帰宅してからの処理が楽。

取っ手の一方はしっかりカラビナ側に。もうひとつの取っ手は切れ込みに。捨てたいときはサッと大きく口を広げて使えます。匂いが広がりにくいメリットもありますよ。

シンクの有無に関係なく、例えば車のヘッドレスト付け根を利用するとか、車内のどこかにぶら下げておくと足元が広くなって快適。

座ったまま手を伸ばすだけでポイ!と出来るのも便利。

愛犬のリードひっかけに

我が家は小型犬がいるので、リードをかけておきたいシーンがしばしば。ちょうど扉の金具部分が使いやすいのですが・・・リードのカラビナは厚みがあって引っ掛けにくい。

そんな時にこの100均カラビナ付きタオルホルダーの登場。引っ掛けにくい場所にも、簡単に吊るせてとても便利。

車内でお水をこぼしちゃった!タオルを干したい

車内で犬の水入れをこぼしてしまい、タオルで拭いたのです。私、色んなものをこぼすんですよ・・・。でも車内で干す場所がない。

そこで扉の内側に取り付けた吸盤フックに。吸盤フックが無くても、こんな風にどこか突起があれば吊るせますよね。

塗れたタオルを吊るせるカラビナ付きタオルホルダーがとても便利。強風だろうが、多少ぶつかろうがタオルが床に落ちません。

▼ドアの内側に干してみる

かなり雑な掛け方で恥ずかしいすが・・・。

カラビナだけでも便利なのに、こんな風に別の機能を付加させるとより一層便利になるものですね。

カラビナ付き便利グッズは災害時の備えにも

カラビナは登山道具。高いところで命を守る道具でもあります。

強度は違えども、このカラビナに方位磁石や時計が付属されているものも出ています。デザインやカラーも豊富で、単にひっかける道具ではなくなっていますね。

アウトドア用品でよく目にするのは、マグカップについてるタイプ。

これ、気になっています。災害時にも良いと思いませんか。どこかに引っ掛けて持ち運べる。コップを使わなくてもカラビナとしても使える。一人ずつ備えておくのも良いでしょうね。

カラビナグッズは車内に備えておきたい便利道具

上画像は、我が家の軽キャン「インディ108」のシンクまわり。

夫が工夫してワイヤーラティスを組み立てました。本当はこんな風に生活感を出したくないのだけど。夫はお洒落度よりも、サッとワンアクションで取り出せる機能性を重視しているようです。

ワイヤーラティスの左側に赤と黒の「カラビナ付きタオルホルダー」が見えるのが分かりますか?こんな風にどこにでもかけておけます。

関連記事

コンパクト収納できるカトラリー!100均キャンピングスプーンフォークセット

カラビナ付きタオルホルダーの使い方は工夫次第

カラビナ付きタオルホルダーの使い方として、他にズボンのベルト通しにかけておき、タオルを挿しておくのも良いですよね。

軍手をしているとき、両手を使えない時、汗をぬぐいたい時にポケットから出さなくても良いのです。屋外でも、ひょいっと小枝などにかけられて重宝しますよ。

100均ではないけれど、コロンビアからも出ています。なるほどロゴに挿し込むんですね。カッコいい!これ、ズボンのベルトに1つあったらいいですね。

この記事をシェアする