絶景と癒しを味わえる!道の駅「尾瀬かたしな」で愛犬と車中泊

先日、2018年7月にオープンした道の駅「尾瀬かたしな」へ行ってきました。美しい景色の中にありとても癒されましたよ。施設は洗練されたデザインで上品な印象です。

今回は施設を利用した感想と共にご紹介します。

Sponsored Link

道の駅「尾瀬かたしな」ってどんなところ?

道の駅「尾瀬かたしな」は平成30年7月21日にオープン。国道120号沿い片品村役場の隣です。群馬県内、32番目の道の駅となっていますよ。

2018年版の道の駅スタンプブックには載っていませんが、挟み込んで保管できるよう専用用紙を用意してくださっています。

施設は洗練されたシンプルデザイン。ゆるやかにカーブがあり木目がアクセントになった優しい雰囲気です。通路やトイレは間接照明が心地よく設置され、特に夜は美しいです。

国道から見えない場所に、絶景を眺めながら足湯に入れる場所もあります。駐車場は大きすぎないので、エンジンや人混みでストレスを感じることもありませんでしたよ。

以下に

  • 駐車場の様子
  • 施設の紹介
  • 展望テラス・足湯
  • 営業時間やアクセス

についてご紹介しますね。


▲分かりやすい案内板

駐車場は2か所あります

まず、最初に伝えたいのが駐車場。駐車スペースは2か所あります。静かに過ごしたい方は第2駐車場がおすすめですよ!

第1駐車場:施設前の駐車場は4列

メインの第1駐車場は施設前。上画像は道の駅「尾瀬かたしな」の看板入口から撮影した様子。4列の駐車スペースがあります。50台前後ですね。

トイレが近いので、施設前のこの第1駐車場に停める方もいらっしゃるかと思います。

でも・・・静かに仮眠したい、休憩したい、車中泊したい!という場合は片品村役場の隣、第2駐車場がおすすめ。第2駐車場は2列なので自分の車の後ろに駐車されることがありません。これ、けっこう嬉しいんですよね。

第2駐車場:片品村役場の隣は2列

ちょっとわかりにくいこの青い看板。道の駅入り口付近にあります。

上画像の白い車が我が家のキャンピングカー。その手前に見える茶色っぽい衝立に「バスP」となっているのが分かるでしょうか。「バスP」の奥に普通車を数台停められます。

お盆休み真っただ中でも、こちらに停めているのは半分程度。バスは一台も駐車していませんでした。認知度が上がったら混雑するかもしれませんね。

第二駐車場のおすすめは奥。大きな道路が無いので静かです。

今回は先客がいたので、バスP側に停めましたがかなり静かに車中泊出来ました。自分の車の前後が居ないとプライバシーや音が気になりません。

ちなみに、一緒に撮影されていた茶色い建物は村役場です。村役場の前にも駐車スペースがあるので間違えないようにしましょう。

第2駐車場はトイレから遠いけれど・・・

第2駐車場はトイレまで徒歩1、2分です。

以下のように、植物が植えられている通路を通って行くのですが、これが良い感じ。癒されますよ。通路には間接照明が埋め込まれています。お洒落!夜中でも足元は明るいのです。

▲遠くからからでも施設が分かる

施設は機能的で洗練されたデザイン

施設の様子を撮影してきましたので、いくつかご紹介します。

芝生が沢山使われています。山々がすぐそこに。

手作り感があたたかい売店。自然の明かりが入って気持ちが良い。地元野菜もしっかり!

施設の前の花壇

尾瀬の湧き水も楽しめる(無消毒なので飲料は自己責任)

ここはどこ!?とにかくトイレが美しい

至れり尽くせりなボタン。トイレの美しさは日本ならではですね。オムツ交換が行える広いスペース、歯磨きだけの専用個室もありました。

このほかレストランやソフトクリーム・ジュース・ビールの販売もあります。

そしてもうひとつ。私が声を大きくして言いたいのは、足湯・展望テラスです。ここはぜひ立ち寄って欲しい!

足湯・展望テラスからの景色が素晴らしい

売店横に、こんなスペースがあります。遠くには素晴らしい景色が広がっていますよね。そこで奥まで進んでいくと・・・・

見てくださいな!この景色。

この時18:00近くなり、ちょっと暗くなってしまいました。素晴らしさが伝わっているか不安なんですが・・・。ヒノキの香りがするベンチに腰掛けて足湯を楽しめるというわけです。温泉です。

足湯を利用せず、展望目的でも良い場所です。

ちょっと注意点として、施設が閉まると足湯・展望テラスには入れないようになっています。18:00までにどうぞ。

展望テラス・足湯の利用時間は9:00から18:00

営業時間

道の駅「尾瀬かたしな」の公式ホームページによると、片品村観光協会の営業時間が記載されており、8時30分~17時15分(1~3月については日曜休 但し連休の場合は除く)となっています。

私が実際に訪れたときには、売店、レストラン、足湯全て9:00~18:00の営業になっていました。(2018年8月現在)この営業時間が確定なのか、見直すのかは現段階では分かりません。看板に休館日までは載っていませんでしたよ。

気になる方は以下へお問い合わせください。

道の駅「尾瀬かたしな」
群馬県利根郡片品村大字鎌田3967-1
TEL:0278-25-4644

尾瀬の美しさに出会える!落ち着いた雰囲気の道の駅

道の駅「尾瀬かたしな」のご紹介でした。

「尾瀬かたしな」で探せない場合は「片品村役場」で探してみてくださいね。隣です。

施設はシンプルに1つの建物。レストラン、売店、トイレ、情報コーナーが横一列に並んでいて分かりやすいです。足湯や展望テラスを利用される場合は18:00までにどうぞ。

車を停める場所としては「片品村役場」横にある第2駐車場が静かです。第2駐車場は2列なので、前後にビッタリと他の車が停まることがありませんよ。

今回は犬連れだったので、他の方の迷惑にならないか不安だったのですが、犬を連れている方も多くホッとひと安心。吠え声はあまり聞こえませんでしたよ。


▲私を車内からチェックする愛犬

全体的にしっとりと落ち着いた雰囲気です。大人がのんびりと休憩する場所としてもおすすめです。ぜひ訪れてみてくださいね!

関連記事

充電スタンドやドックランが一目瞭然!全国版道の駅完全ガイドで快適な旅

神奈川の道の駅「清川」で軽キャン車中泊!駐車場環境や食材調達は?

道の駅「ふじおやま」レストランの富士天そばとツバメ親子

この記事をシェアする