軽キャンピングカーの内装を憧れのメキシカンラグ(ネイティブ柄)でアレンジ

キャンプで使うラグといえばメキシカンラグが人気ですね。お洒落だな!と思うキャンプ動画では、さりげなくテントの中にメキシカンラグを敷いていたりして。

いいなぁと憧れて、軽キャンピングカー車内にも取り入れたかったのですが、沢山ありすぎて何を選べばいいやら迷ってしまいました。

メキシカン王道!とはいかなかったけれど、お気に入りに出会えましたよ。

Sponsored Link

メキシカンラグに憧れて


photo by RUG&PIECE

メキシカンラグとは、メキシコのネイティブ柄(民族模様)を使ったラグ。センターにダイヤ柄が入っている模様が王道です。

ダイヤ柄の他には、亀、トナカイなどの動物、ココペリという神様(精霊)が織られている事もあります。使われる色や大きさはかなり豊富。ランチョンマットやクッションカバーもありますよ。

ネイティブ柄は民族模様

ネイティブ柄の多くは、人々が自然の中で生活して生まれた民族模様です。そのため、メキシカンに限らず、自然の中で使うキャンプ道具にも合うように思います。

民族模様は色の組み合わせがカッコいい。以前モンゴルに行ったときにも、真っ赤な民族模様のラグがとても素敵でした。鮮やかさにも惹かれるけれど、トーンを落とした色合いも渋くて好きです。

タープやテントの雰囲気に合わせて敷くのも良いですよね。

▼例えばこんな風に。


photo by (株)カノン|ヘキサタープDOPPELGANGER

いつかこうやって、トータルで雰囲気を楽しめたらいいなと憧れています。こんなラグに座って焚火を眺めたい!

・・・という憧れを持ちつつ、軽キャンピングカー「インディ108」車内のラグ探しをしたのです。

なんちゃってメキシカンラグを座席に敷く


▲全体的に落ち着いた雰囲気

軽キャンピングカー「インディ108」の内装はカフェオレ風

インディの内装は、茶・白が基本で、窓枠やパーツに少し黒。ブラウンの家具にクリーム色の扉。カフェラテのような優しい雰囲気なんですよ。もう大好き!

そこで、今回はインディの雰囲気を壊さない程度に、なんちゃってメキシカン的なラグを敷きました。

▲インディ108の後部座席

ラグを敷いて、薄いベージュのクッションを添えたら良い感じ!

たった1枚の布なのに、何となくお部屋っぽくなりました。もう一つの座席はシンプルに白を。狭い車内なので模様を控えて、壁と同じ雰囲気にしてまとめました。

ネイティブ柄は奥が深い?トライバル・オルテガ・北欧・・・

我が家がチョイスしたラグは、「メキシカンラグです!」と胸をはって言えない雰囲気がします。一見「トライバル柄」のようにも見えたりして。

▼トライバル柄のマルチカバー

photo by merci-present(輸入雑貨)

うーん・・・。でもなんか違う。

モヤモヤしていたら、「ネイティブ柄(オルテガ)のクッションカバー」として販売されていたものの中に、同じ模様を発見!

▼ネイティブ柄(オルテガ)のクッションカバー

photo by DEVILISH TOKYO

上画像の右上と模様が同じです。

むむ・・・なぁにオルテガって!?

調べたら、ニューメキシコ州のスペイン系移民、オルテガ一族に由来する柄とのこと。ということは、オルテガもメキシカンという事でしょうか。そうだ、そう思うことにします(むりやり)。

一応、購入した時の商品名を再度チェックしてみると・・・

購入したラグの商品名が長すぎる


photo by art of black

Amazonでは・・・

2017最新柄 宮廷風 フリンジ付き 綿製品のブランケット 多機能 ソファーのカバー ラグ テーブルクロス テーブル掛け枚 バスマット 毛布 ソファカバー エスニック ベッドカバー 雑貨 かわいい カワイイ テーブル マルチクロス 西海岸 おしゃれ 北欧 インテリア (130 x 180cm) (紺色・ベージュ)」。

楽天では・・・

リバーシブル 両面仕様 フリンジ付き ネイビー×ホワイト オルテガ柄 ラグ ブランケット 130×180cm 長方形 【art of black】bohoインテリア マット」となっています。

な、長い。長すぎる。これだ!という正式名称がありません。

宮廷風、西海岸、北欧、エスニック、オルテガ・・・なんでもありですね。どのキーワードでもヒットするように工夫しているのでしょうけれど。

ネイティブ柄はアウトドアライフに馴染む

ゴチャゴチャ書いたので、ちょっとまとめておきます。

結局のところ、ネイティブ柄というのは民族模様を使った柄の事で、アメリカ、メキシコ、スペイン・・・と生まれた土地や種族が色々あるというわけです。

それらの多くは、人々が自然の中に身を置いて生まれた柄のため、アウトドアライフ、キャンプ道具にも自然に溶け込みやすいのかな?と勝手に思っています。

今回私が購入したラグにあった「オルテガ柄」というのは、ニューメキシコ州のスペイン系移民、オルテガ一族に由来する柄とのことでした。

▼購入したラグ。実はリバーシブル。


photo by art of black

今回はモノトーンにしたけれど、いつか明るい色が入った「ダイヤ柄の王道メキシカンラグ」をテントの中に敷いてみたいなぁ。

この記事をシェアする