軽キャンピングカーインディ108初回車検までの18か月分点検費用

先月購入した軽キャンピングカー「インディ108」のメンテナンス費用、どのくらいだろうかと心配でした。ベース車両が軽自動車とはいえ、8ナンバーは初めてのことです。

一ヵ月点検へ行ったところ、普通乗用車に乗っていた時とはずいぶん違うお値段に、胸をなでおろしました。

この先、何度も定期点検があるので、お得なパックを利用することにしました。

Sponsored Link

軽キャンピングカー「インディ108」のベース車両はダイハツのハイゼットトラック

インディ108のベース車両はダイハツのハイゼットトラックです。購入はTOWAモーターズですが、点検や車検はダイハツさんにお世話になります。

これは購入する際にTOWAの営業さんに確認したのですが、ベース以外の修理や交換はTOWAモーターズさんに相談になります。例えばシャワーが故障したとか、ポップアップテントの調子がおかしいとかですね。どちらにお願いするかは内容次第というわけです。

ダイハツさんへお邪魔すると、新車購入時から初回車検までの2418か月間、お得なパックがありましたよ。車検費用は含まれていません。

(2018.7.8:記事公開時に24か月で記事を公開してしまいました。正しくは18か月です。以降、24か月から18か月に訂正済みです。)

ダイハツのワンダフルパスポートで定期点検


▲ワンダフルパスポート会員証

「ワンダフルパスポート」とは、定期点検と車に必要なメンテナンスのパックのことです。我が家は、軽貨物車の新車コース2418か月の契約ですが、他の車種や60か月や36か月コースなどもあります。

点検費用は18か月で約5万円

新車購入から18か月までのメンテナンスパックで52,250円(税込み)。車種が違うとこんなに差があるのか!と思いましたよ。

インディ108はベース車両が軽自動車なので、メンテナンス費用もリーズナブルなのですね。いや・・・何を基準にするかによるので、リーズナブルと言って良いのか分からないけれど。どちらにせよ、ありがたいです。

18か月点検パックの内容(※)

◆1ヵ月目:新車1ヵ月無料点検
・エンジンオイル交換
・オイルエレメント交換

◆6ヵ月目:安心6ヵ月無料点検
・エンジンオイル交換

◆12ヵ月目:法定1年(12ヵ月)点検
・エンジンオイル交換
・オイルエレメント交換
・ワイパーゴム交換(フロント)
・タイヤローテーション

◆18ヵ月目:安心6ヵ月点検(フレッシュケア)
・エンジンオイル交換

◆24ヵ月目:車検(初回)
・エンジンオイル交換
・オイルフィルター交換
・ワイパーゴム交換(フロント)
・タイヤローテーション
・クーラントプラスプレミアム
・ブレーキフルード交換
・ブレーキ洗浄&給油
・システム診断

(※)神奈川ダイハツ2018年6月現在

その他の諸費用と維持費

ダイハツのメンテナンス費用の他に、必ず発生する費用を追記しておきます。このほか、登録諸費用や任意保険料も発生しますが参考までに。

  • 自動車税(年額)10,800円(市区町村による)
  • 重量税(車検時)6,600円
  • 取得税2%(初回購入時)22,100〜28,500円(ベース車両仕様による)
  • 自賠責保険25ヶ月(車検時)15,600円
  • リサイクル料金(初回購入時)6,160円
  • 車検期間は2年

ダイハツは明るく丁寧スピーディ!好印象

どこの車メーカーさんも、お客さん第一で好印象だと思うのですが。ダイハツさんも素晴らしく、心地良い時間を過ごしました。

訪れたのは日曜でお客さんは満席状態。名前を言わずとも、約束の時間と車種だけで担当さんが奥から挨拶に来られて、サッと手続き開始とお茶出し。従業員の皆様の連携が素晴らしかった。従業員同士の雰囲気も良く、見ていて気持ちが良いです。

一ヵ月点検のあとに洗車をしてくださったのですが、なんと4人でサササーっと拭き上げしてくださったのです。無駄話をせず、汗をかきながら一生懸命。早い早い!

私はクーラーの効いた待合室で珈琲を頂いていて、客の立場とはいえ何だか申し訳ない気持ちになってしまいました。次のお客さんも控えていたこともあるのでしょうけれどね。見送りも笑顔で爽やか。素晴らしいなぁと。

メンテナンス費用は18か月で5万円ちょっとだけど・・・

今後、キャンプ道具や冬タイヤも購入する予定ですし、この先架装部分の消耗がどうなるのかも見えません。どうなることやらです。

今回、まずは一安心。ダイハツさんも好きになり、次の点検がちょっと楽しみになりました。

この記事をシェアする